渋沢栄一翁と論語の里

渋沢栄一ミュージアムへ戻る

1.稲荷神社 住所:深谷市北阿賀野地内栄一の撰書による「可堂桃井先生碑」が残っています。桃井可堂は幕末の儒学者。 2.諏訪神社 住所:深谷市血洗島117-6旧血洗島村の鎮守。拝殿は栄一が寄進したもの。「渋沢青淵翁喜寿碑」は氏子中の拠金により建てられました。 3.旧渋沢邸「中の家」 住所:深谷市血洗島247-1渋沢栄一生地。現存する主屋は妹夫妻が明治28年に建てたもので、栄一が帰郷した際に寝泊りした部屋が残っています。 4.薬師堂 住所:深谷市血洗島229-2天狗党浪士2名が葬られた地で弔魂碑が建っています。碑は栄一の撰書です。 5.青淵公園 住所:深谷市下手計1241栄一の雅号を冠した公園。郷土の偉人たちの名がつけられた橋や、栄一ゆかりの碑が建てられています。 6.渋沢栄一記念館 住所:深谷市下手計1204栄一ゆかりの写真や遺墨など多くの資料が展示されています。 7.鹿島神社 住所:深谷市下手計1145旧下手計村の鎮守。境内には尾高惇忠の人となりや業績をたたえた「藍香尾高翁頌徳碑」がたたずんでいます。 8.尾高惇忠生家 住所:深谷市下手計236栄一の従兄で富岡製糸場初代場長を務めた尾高惇忠の生家。主屋と煉瓦蔵が残っています。 9.誠之堂・清風亭 住所:深谷市起会84-1栄一ゆかりの近代建築。2棟の建物は平成11年に世田谷から移築されました。 10.日本煉瓦製造株式会社 旧煉瓦製造施設 住所:深谷市上敷免28-10、28-11栄一が設立に関わっています。工場の一部としてホフマン輪窯6号窯、旧事務所、旧変電室、備前渠鉄橋が残っています。

施設のアイコンにマウスを乗せると、各施設の説明が見られるよ!