深谷市早期不妊検査費・不育症検査費補助事業

更新日:2018年4月1日

早期不妊検査費補助事業の内容が一部変更になり、不育症検査費の補助も始まります

平成30年4月1日から早期不妊検査費補助事業の対象となる医療機関(注1 助成対象医療機関)が拡大し、補助対象となる検査期間が6か月以内から1年以内に延長されます。また不育症検査費の補助も開始します。

なお、平成30年4月1日以降に終了した検査が対象になります。

対象者

次のすべての項目に該当するかたが対象です。

1、法律上の婚姻をしている夫婦であり、深谷市の住民基本台帳に記録されていること。

 (少なくとも夫婦の一方が深谷市の住民基本台帳に登録されていればよい)

2、補助対象となる検査開始時の妻の年齢が43歳未満であること。

3、市税に滞納がないこと。

補助対象となる検査、内容、補助額及び補助回数

補助対象となる検査、内容、補助額及び補助回数
対象検査  内容 補助額 補助回数

早期不妊検査

夫婦共に受けた検査

(検査期間が1年以内であること)

上限2万円
(千円未満切捨て)
1組の同一夫婦
につき1回限り
不育症検査

夫婦共に受けた検査又は妻のみが受けた検査

(検査期間が1年以内であること)

・指定医療機関と連携する泌尿器科の医師が実施した検査も含みます。

・医療保険適用・適用外は問いません。

・特定不妊治療の一環の検査は対象外です。

対象となる医療機関

・指定医療機関

・助成対象医療機関(注1)

医療機関一覧については、下の外部リンク(埼玉県ホームページ中段)をご覧ください。

ウェルカムベイビープロジェクト(こうのとり健診・不育症検査・早期不妊治療)関連事業

申請手続き

(1)提出書類    以下のリンクからダウンロード可能です

 ア、深谷市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書兼請求書(様式第1号)

 イ、深谷市早期不妊検査実施証明書(様式第2号)

 ウ、深谷市不育症検査実施証明書(様式第3号)

 エ、検査に係る領収書(原本)

 (原本を確認のうえ、コピーを取らせていただきます)

 オ、法律上の夫婦であることを証明できる書類

 (深谷市の住民基本台帳上、夫婦であることが確認できない場合のみ提出必要)

 カ、補助金の振込みを希望する金融機関の口座名義及び口座番号がわかるものの写し

 (原本をお持ちいただければ、コピーをとらせていただきます)

注2:アは、早期不妊検査費と不育症検査費を両方申請する場合は、それぞれ1枚ずつ提出してください。

注3:イ、ウは検査を実施した医療機関が記入

 

(2)申請期限

申請期限
検査が終了した日 補助金交付申請の期限
4月1日~1月31日の間 当該年度内(3月31日まで)
2月1日~3月31日の間 翌年度の5月31日まで

 

(3)申請窓口

 深谷市保健センター

 月曜日~金曜日(祝休日を除く)

 午前8時30分~午後5時15分まで

深谷市早期不妊検査費・不育症検査費助成申請書兼請求書(様式第1号)(PDF:112.2KB)

様式第1号 記入例(PDF:163.7KB)

深谷市早期不妊検査実施証明書(様式第2号)(PDF:107.9KB)

様式第2号 記入例(PDF:204.5KB)

深谷市不育症検査実施証明書(様式第3号)(PDF:104.7KB)

様式第3号 記入例(PDF:162.8KB)

補助金の交付

 審査の結果、補助金の交付が決定したときは、深谷市早期不妊検査費・不育症検査費補助金交付決定通知書を郵送し、指定された口座に振り込みます。

 交付要件に合致しないなど、補助金の交付ができない場合は、その理由を記載した深谷市早期不妊検査費・不育症検査費補助金不交付決定通知書を郵送します。

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。