使用済小型家電のリサイクル

更新日:2017年3月14日

平成28年4月から使用済小型家電の収集を始めました

 平成28年4月から「ごみの分け方・出し方」が変わり、各家庭から排出される使用済小型家電の収集日を定め、ごみ収集所から収集を始めました。

深谷地区は、毎月2回目水曜日

岡部・川本・花園地区は、毎月2回目金曜日

が使用済小型家電の収集日です。

 なお、使用済小型家電の収集日には、「燃やせないごみ」が出せませんので、ご注意ください。

 平成29年度の収集日は、以下のスケジュールをご覧ください。

 また、深谷清掃センターへも直接搬入できます。

平成29年度使用済小型家電収集スケジュール(PDF:35.9KB)

使用済小型家電収集の目的

 家電リサイクル法対象品目(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機等)以外の使用済小型家電は、 不燃ごみとして回収されても、技術的・経済的な理由により、 金やパラジウムなどのレアメタルまではほとんど回収されていませんでした。
 しかしながら、これらの使用済小型家電は「都市鉱山」と呼ばれるほど多くの有用金属を含んでいます。小型家電リサイクルは、 使用済小型家電を収集することにより、採算性を確保しつつリサイクルすることを可能とした新たな制度です。 金属類やプラスチックを可能な限りリサイクルすることから、最終処分量の減少にも役立ちます。
 使用済となった小型電子機器等(デジタルカメラ、電気掃除機、炊飯器、ゲーム機など)に含まれている金属(アルミ、貴金属、レアメタルなど)の再資源化を促進して、 廃棄物の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を図ることを目的としています。

使用済小型家電とは

小型家電リサイクル法において、対象品目となっている使用済小型家電

電話機、携帯電話、スマートフォン、ラジオ、デジカメ、ビデオカメラ、DVDプレーヤー、パソコン、ディスプレイ、プリンター、ゲーム機、電動ミシン、電気ドリル、 電卓、ヘルスメーター、炊飯器、扇風機、アイロン、掃除機、電気ストーブ、照明器具(電球、蛍光管を外したもの)、電気時計、電子楽器(木製部分は取り除いてください)、 ケーブル、カーナビ、カーステレオ等

 注意:携帯電話やパソコン等の個人情報は、必ず消去してください。

対象品目ではないもの

1. 家電リサイクル法対象品目

・テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機等:ごみ収集所へ出せません。専門業者等へ処分を依頼してください。

2. 木製部品が使われているもの

・こたつ、スピーカー:粗大ごみ(毎週火曜日)として出せます。

・オルガン:ごみ収集所へ出せません。専門業者へ処分を依頼してください。

3. 太陽光パネル:ごみ収集所へ出せません。専門業者へ処分を依頼してください。

4. オイルヒーター、電気カーペット、電気毛布:粗大ごみ(毎週火曜日)として出せます。

 

 詳しくは使用済小型家電リーフレットをご覧ください。
 

使用済小型家電リーフレット(PDF:4.2MB)

清掃センターに持ち込む時のお願い

平日の午前8時30分から午後4時30分までが受付時間となります。

  1. 家庭から排出される小型家電が対象となります。事業者は対象外
  2. 壊れていても回収いたします。
  3. 電池や蛍光管は外して下さい。
  4. 家電リサイクル法対象品目(テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機等)は対象となりません。処理に当たっては、引き続き家電リサイクル法に基づき、処理取り扱い業者に処分をお願いしてください。
  5. 一度、持ち込まれた機器は、個人情報保護等の観点から、返却には応じられませんのでご了承ください。メモリーカード等、個人情報につきましては責任を持って消去して、データの復元ができないようにしてください。また、個人情報を消去していない小型家電は搬入できません。
  6. 他のごみと分別して積載し、降ろす時は、現場係員の指示に従って、専用コンテナーに入れてください。
  7. ご不明の点がございましたら、下記 へお問い合わせください。
お問い合わせ先

環境衛生課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-585-2215
ファクス:048-585-0165
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。