お子さんが病気のときは

更新日:2018年10月22日

  • 子どもは夕方や夜間になると病状が悪化することがよくあります。かかりつけ医を持つとともに、日頃からお子さんの体調を把握することが大切です。
    昼間に体調が悪いと感じたら、診療時間内に受診することを心がけましょう。
  • 緊急の場合は、119番通報を。それ以外は、診療可能な医療機関、電話相談窓口などを活用しましょう。

医療機関の診療

かかりつけ医

  • 平日の診療時間内であれば、まずは、かかりつけ医に相談、受診しましょう。
    日頃から、かかりつけ医に診てもらうことで、子どもの体調やからだの特徴などを把握でき、病状が急変したときも円滑な対応が可能となります。

休日診療所

  • 日曜日、祝日、年末年始の昼間に、比較的症状が軽い患者さんのための内科・小児科の外来診療です。

休日診療所

こども夜間診療所

  • 土曜日、日曜日、祝日、年末年始の夜間に、比較的症状が軽いお子さんのための小児科(中学生以下)の外来診療です。

こども夜間診療所

眼科・耳鼻咽喉科在宅当番医

  • 日曜日、祝日の昼間に、眼科・耳鼻咽喉科の当番医制による外来診療です。
    当番日に各診療所が臨時で診療を行います。

眼科・耳鼻咽喉科在宅当番医

電話相談窓口(急な病気、けが等)

救急電話相談(電話番号:♯7119、♯8000)

  • 急な病気やけがに関して、相談員(看護師)が医療機関を受診すべきかどうかなどアドバイスします。急病にどう対応したらよいか、救急車を呼ぶべきかなど判断に迷ったときはお気軽にお電話ください。
  • 電話番号:♯7119または、048-824-4199
         ♯8000または、048-833-7911
  • 受付時間:24時間365日

救急医療ガイド

おかあさんのための救急&予防サイト「こどもの救急」

  • 公益社団法人日本小児科学会により監修されているホームページです。夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するべきかどうか、判断の目安を提供しています。
    対象年齢は生後1か月~6歳までのお子さんです。

こどもの救急

全国版救急受診アプリ(愛称:Q助)

  • 急な病気やけがをしたとき、スマートフォンなどの画面上で該当する症状を選択していくと、緊急度に応じた必要な対応が表示されます。

全国版救急受診アプリ

埼玉県救急医療情報センター(電話番号:048-824-4199)

  • 救急車を呼ぶほどではないが、休日や夜間などに診察してくれる医療機関が分からないときに、24時間体制で受診可能な医療機関を案内しています。
    ・医療相談は行っていません。
    ・歯科、精神科の案内は行っていません。
    ・案内された医療機関を受診する場合は、必ずその医療機関に電話確認のうえ、出かけてください。
    (注)深谷市消防本部(電話番号:048-571-0119)でも、医療機関をご案内します。

埼玉県医療機能情報提供システム

  • 診療科目、時間、場所などの条件を入力すると、県内約1万か所の医療機関や薬局をホームページから検索することができます。

埼玉県医療機能情報提供システム

子どもの救急ミニガイドブック

  • 埼玉県では、保護者のかたに、子どもの急な病気やけがの対処法などを示し、症状をしっかり把握して、慌てずに落ち着いて対応していただくことを目的に「子どもの救急ミニガイドブック」を作成しています。印刷してご利用ください。
    このガイドブックは、生後1か月~6歳くらいまでのお子さんを想定しています。
    (注)保健センターで配布しています。

子どもの救急ミニガイドブック

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら