深谷の伝統野菜・白なす

更新日:2016年7月6日

白なすレシピ

白なすを食べる(飲食店情報)

白なすを買う(販売場所)

「白なす」とは?

 皮の色が緑色の丸なすです。
品種名は「埼玉青なす」ですが、市内では昔から「白なす」と呼ばれています。
あるところでは「ふっかちゃんのおなか」と呼ばれているとかいないとか・・・?
 

ふっかちゃんのおなか

しろなすカゴ

「伝統継承」

 白なすは、明治時代に奈良漬の材料として導入された品種で、「中山道なす」とも呼ばれ、市内では、うどんや煮ぼうとうの具、あぶらみそという甘めの味噌炒めとして、昔から食されていた「深谷の伝統野菜」です。
 白なすは、木が枯れやすいため、栽培が難しく、収量が少ないため、近年は、農家数減少に伴い、生産量が少なく、直売所等に少量出荷される程度であるため、手に入りにくい「幻の野菜」となっています。
 そこで、市内農家「白なす」の伝統の味を後世に残していこうという機運が高まり、白なすのPRに取組み始めました。

 

白なす栽培メンバー(H25年7月市長記者会見時)

白なす栽培メンバー(H25年7月市長記者会見時)

お問い合わせ先

農業振興課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-577-3298
ファクス:048-585-3510
メールフォームでのお問い合せはこちら