病気やけがで医療機関を受診した時の国保の給付について教えてください。

更新日:2016年8月22日

病院などの窓口で保険証を提示すれば、医療にかかった費用の一部を支払うだけで次のような医療を受けることができます。

  • 診察
  • 治療
  • 薬や注射などの処置
  • 入院および看護
  • 訪問看護

 

年齢などによって次のように負担割合が異なります。

  • 義務教育就学前:2割
  • 義務教育就学後~70歳未満:3割
  • 平成26年4月1日までに70歳になるかたは1割(現役並み所得者は3割)
  • 平成26年4月2日以降に70歳になるかたは2割(現役並み所得者は3割)
  • 義務教育就学前とは、6歳に達する日以後の最初の3月31日以前となります。

関連リンク

国民健康保険について

お問い合わせ先

保険年金課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6641
ファクス:048-574-6666
メールフォームでのお問い合せはこちら