深谷市企業立地ガイド(優遇措置・プロジェクトF)

更新日:2014年12月25日

深谷市では、市内に工場等を設置(新設、移転、拡張など)する事業者に対して、各種優遇制度を用意し、企業活動を支援しています。
一定要件を満たし、市からの指定を受けた事業者は、5年間、投資固定資産に対する固定資産税の税率が1.4パーセントから0.7パーセントになるなどの優遇措置を受けることができます。

プロジェクトF(Flourish Fukaya with Factories)

プロジェクトFとは、深谷市の産業振興策の愛称をいい、工場等(産業)で深谷市を発展させるという意味です。

制度の概要

対象者:製造業及び運輸業のうち道路貨物運送業又は倉庫業

対象地域:市内全域

対象事業:工場等の新設、移転、拡張

対象要件:次の要件の全てを満たすこと

  • 投資固定資産の総額が1億円以上
  • 新規雇用(市内居住者)1名以上

優遇制度

基本制度(1億円以上の場合):固定資産税の減免(5年間)

奨励制度(10億円以上の場合)

  • 投資固定資産の減免(5年間)
  • 奨励金
  1. 立地奨励金(3年間)
    投資固定資産に対する固定資産税額相当額を交付
  2. 雇用奨励金(3年間)
    新規雇用5名以上の場合、1人当たり年30万円を交付(交付総額1億円を限度額とする)
  3. 緑化奨励金(1回のみ)
    市開発指導要領で定められる基準以上の緑地面積に対し、その設置費用の2分の1を交付。ただし、1平方メートル当たりの設置費用は10,000円、総額で5,000万円を限度額とする。

【参考】埼玉県の優遇制度

申請書類

産業支援制度関係

お問い合わせ先

産業ブランド推進室
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-577-3819
ファクス:048-585-3510
メールフォームでのお問い合せはこちら