市長記者会見発表内容概要(平成23年12月)

更新日:2014年3月3日

「小・中英語交流授業による『なめらかな接続』研究発表」について

 本研究のテーマは、英語教育における小・中学校の「なめらかな接続」を図り、指導法の工夫改善を行うことであります。
 全国的にも中学校へ進級した中学1年生の中に、中学生活の不安から不登校生徒が激増する「中1ギャップ」が、深谷市でも増え問題化しています。
  この問題を解決する方策の1つとして、「小・中学校連携」に注目し、「なめらかな接続」が必要と考え、児童生徒の小・中英語交流学習を通じて、中学校生活への不安をなくしていくことがねらいです。
 本研究の1つ目の特徴は、市内全小・中学校で、研究開発に取り組んでいることです。文部科学省から指定を受けている全国の学校や自治体の中では、深谷市の取組が日本で1番大きな規模となっております。 2つ目の特徴は、小・中学生の交流授業を公開することです。小・中学生の交流活動につきましては、全国的にも実践例が少なく、交流活動により、教育課程に一貫性をもたせ、教職員相互の連携を図り、英語教育における小・中学校の「なめらかな接続」を図ることを目的としています。
  今回の研究発表会は、こうした深谷市の英語教育研究の成果と課題を広く発表するものです。開催は、平成24年1月18日(水曜日)です。 

資料

資料(PDF:93.9KB)

「全国ねぎサミット2011」実施報告について

 12月10日、11日に実施いたしました、「全国ねぎサミット2011」につきまして、当日の来場者数と販売実績について、ご報告させていただきます。
  全国11か所のねぎ産地が参加し、ねぎをはじめとして各地の特産品や郷土料理を提供いたしました「全国ねぎサミット2011」につきましては、10日(土曜日)は、18,500人、11日(日曜日)は29,000人合計47,500人の来場者がありました。
  次に、各産地のねぎ販売実績でございますが、各産地で用意した数量を完売し、2日間合計で約2.5トンを販売いたしました。深谷ねぎにつきましては、むきねぎが255キログラム、泥ねぎが450キログラムで、合計705キログラムの販売いたしました。
  また、各産地の郷土料理の提供実績でございますが、2日間合計で約4,000食を販売いたしました。深谷市では煮ぼうとうの販売を行い、720食を提供いたしました。
  その他試食として、ねぎのベーコン巻きを提供したところでございます。

資料

資料(PDF:89.9KB)

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。