市長記者会見発表内容概要(平成23年4月)

更新日:2014年3月3日

「農業・中小企業緊急経営サポートの実施」について

 東日本大震災とそれに伴う福島第1原子力発電所の事故により、厳しい経営環境に置かれている農家の皆様や中小企業の皆様を支援するため、緊急融資対策を実施します。

農家の皆様へ元気融資事業を実施

 この事業は、市内に5つあります農業協同組合とタイアップして無利子融資を行うものです。基準金利2パーセントのところ1パーセントを農業協同組合が負担し、残りの1パーセントについて市が利子補給を行います。これにより農業者の利子負担を実質ゼロにする無利子融資制度で、県内初の事業です。貸付対象は、種苗や燃料などの資材等購入にかかる運転資金と、電力供給不足に対応するための自家発電機等購入にかかる設備資金です。取り扱いは、市内の5つの農協の本店・支店、申請の受付開始は、5月10日から12月30日までとしています。

中小企業緊急運転資金の融資を拡充

 新規事業として、融資に伴う信用保証料を市が全額補助するものです。緊急経営支援策として融資実行後に短期間で信用保証料の全額を補助するものは、県内初の事業です。内容は、貸付限度額を300万円から1,000万円に引き上げるとともに、償還期間を1年から5年に延長して、月々の返済額を軽減するものです。また、融資実行後に市が信用保証料の全額を補助し、中小企業の負担の軽減と経営の安定化を図るものです。深谷市融資審査会を通さないため、短期間での融資実行が可能となります。申請期間は、5月2日から12月28日までとなります。

資料

資料(PDF:103.9KB)

資料(PDF:129KB)

資料(PDF:329.9KB)

「被災者向け『就農相談窓口』の開設」について

 東日本大震災で被災された農業者のかたや、被災地から新たに深谷市で農業を行いたいかたを支援するため、「被災農業者就農相談窓口」を開設します。
  相談期間は、5月2日から12月28日までです。
  就農相談内容につきましては、多岐にわたることが予想されることから、農業関係機関との連携し、被災された農業者等の経営安定に向けた支援に取り組んでまいります。

資料

資料(PDF:81.1KB)

資料(PDF:114.3KB)

「アクアパラダイス・パティオの営業再開イベント」について

 4月29日と30日の2日間、パティオの施設や公園内の花壇、農産物直売所で、営業再開イベントの開催をします。
 主な内容は、まず、プールをご利用されたお客様の中から、29日には深谷産の花を、30日には深谷産の野菜を、それぞれ抽選で200名にプレゼントします。また、公園内の花壇において、チューリップの球根を無料で提供し、花の直売所「フロル」では、胡蝶蘭の切花などの花の特売をします。
そのほか、ふかや農協の農産物直売所では、野菜の特売、地域食材供給室のレストラン「マリンクラブ」では、食事をされたお客様に、ソフトドリンクのサービスを行います。

資料

資料(PDF:108.8KB)

「被災者への煮ぼうとうの炊き出し」について

 市内団体の「武州煮ぼうとう研究会」が、福島県双葉町のかたが避難されている、旧騎西高等学校を訪問し、「煮ぼうとう」の炊き出しを行います。
  日時は、5月14日土曜日午前11時から午後1時を予定しています。
  食材は、市内にある製麺会社 株式会社新吉様が、無償でご提供くださり、市は、機材と、搬入搬出をサポートします。
  また、今回、深谷市園芸協会から、深谷市産きゅうり1000本を無償でご提供いただきました。当日は、塩もみにして配布を予定しています。
  避難所のかたに、深谷の心温まる郷土料理で、少しでも、笑顔を取り戻していただければと思います。

資料

資料(PDF:92.8KB)

「深谷市学校教育グランドデザイン及び青淵・学びの郷づくり推進事業について

 深谷市学校教育グランドデザインは、今後、市内の教育をどのように進めていくか、PTAの皆さんや学校教育振興懇談会などとの協議を踏まえ、基本的な方針を示したものです。この中で、深谷市は、「めざす子ども像」を「夢とこころざしをもち、まごころと思いやりのある深谷の子」とし、これを実現する新規事業といたしまして、「青淵・学びの郷づくり推進事業」を立ち上げました。
  「青淵・学びの郷づくり推進事業」では、中1ギャップや虐待等の諸問題への対応、子供たちの安全支援、学習支援、また、学校の支援を行うため、1つ目は、市内全中学校への学校総合支援員の配置、2つ目は、中学生対象とした補習学習の実施、3つ目は、「深谷市学校問題サポートチーム」の設置、4つ目は、アシスタントティーチャーの増員・配置を行います。

資料

資料(PDF:101.1KB)

資料(PDF:184KB)

「第8回ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ」について

 深谷の春の風物詩「第8回ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ」を、4月29日金曜日及び30日土曜日の2日間にわたり、開催いたします。今回は、「助け合おう日本」「心の花を咲かせよう」をテーマに、東日本大震災復興支援イベントとして実施いたします。
  29日正午、30日午後2時からは、出店者や市内花農家、花販売店の提供により、会場内を飾った花や植木を来場者に競っていただく、「フラワー チャリティ オークション」を開催いたします。また、会場内では、ふっかちゃんバッジのチャリティ販売や義援金を募るブースを設置いたします。そのほか、今年もさまざまなイベントを用意しています。
  次に、深谷オープンガーデン花仲間主催の「オープンガーデンフェスタ」ですが、今年は、2日間限定で73軒のお庭を楽しむことができます。オープンガーデンのお宅にも義援金箱を設置し、花をとおして復興支援を行ないます。このほかにも、協賛イベントとして、花園商工会青年部主催の「はなぞの植木市」、また、パティオを会場とした「花フェスタ」、も開催されます。
  次に、第3回ふかや緑の王国春まつりですが、『友好都市 田野畑村へ応援メッセージを書こう!』という開催趣旨のもと、今年も、緑の王国ボランティアのみなさんの、手作りイベントを数多く企画しています。
  なお、今回開催するイベント各会場内では、東日本大震災復興支援のため、義援金箱を設置し、来場する皆さまに協力を呼び掛けていこうと考えています。

資料

資料(PDF:113.7KB)

第8回ふかや花フェスタ

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。