市長記者会見発表内容概要(令和4年1月)

更新日:2022年1月26日

記者会見 令和4年1月(PDF:1.1MB)

渋沢栄一関連施設の来場者数の報告・『大河ドラマスペシャルリレートークin深谷』開催!

 令和3年2月16日に開館した『渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館』は、令和4年1月10日をもって閉館となりました。最終日の来場者数は2千530人で、開館期間中の通算来場者数は14万4千395人となりました。なお、同期間には市内、渋沢栄一関連施設にも多くのかたにお越しいただきました。各施設の来場者数はお手元の資料の通りですが、深谷大河ドラマ館の来場者と併せて、329日間で、延べ66万人以上のかたが深谷市へおいでになりました。
 また、深谷大河ドラマ館の最終日には閉館イベントを実施し、市イメージキャラクター『ふっかちゃん』と東京都北区のキャラクター『しぶさわくん』とのステージや、血洗島獅子舞保存会による演舞が披露されました。イベントの最後には75発の花火が打ち上げられ、329日間にわたる深谷大河ドラマ館の最後を締めくくりました。
 さて、『青天を衝け』の放送が終了し、深谷大河ドラマ館も閉館となりましたが、現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』には深谷出身の武士・畠山重忠が登場しており、2年続けて深谷ゆかりの人物が登場することから、これを絶好の機会ととらえ、関連イベントとして、3月6日 日曜日に、『大河ドラマ スペシャルリレートークin深谷』を花園文化会館アドニスで開催します。ゲストには『鎌倉殿の13人』で畠山重忠を演じる中川大志さんと、『青天を衝け』で尾高長七郎を演じた満島真之介さんをお迎えし、お二人が演じる役や大河ドラマに対する思いを存分に語っていただきます。
 これからも渋沢栄一と畠山重忠をはじめとする郷土の偉人の業績や魅力を伝えるべく、さまざまな取り組みを実施し、子どもたちへの教育やまちづくりなどに活かしてまいりたいと考えております。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。