市長記者会見発表内容概要(平成27年4月)

更新日:2015年4月26日

記者会見H27年4月(PDF:253.3KB)

【県北初】『災害時要援護者(避難行動要支援者)のための防災マニュアル』

 この防災マニュアルは、高齢のかた、障害のあるかた、妊婦や子育て中のかたなど災害時に被害を受けやすい災害時要援護者を対象に作成したもので、県北地域において初めての作成となります。この防災マニュアルの配布により、災害時要援護者には「自らの生命は自らが守る」という「自助」の参考にしていただき、災害時の被害を軽減することを目的としています。内容は、平常時の準備や確認事項、災害時の対応策、それぞれの特性に応じた対応がわかりやすく記載されております。配布方法は、民生委員・児童委員を通じて、担当地域の災害時要援護者へ配布するほか、障害者施設や保健センターの窓口などでもお配りします。なお、視覚障害のあるかたは、点訳版を用意いたします。私たちは、誰もがいつか必ず見守られる立場になります。超高齢社会を迎えた今、市民が安心して暮らせる社会づくりに取り組まなければなりません。このマニュアルの趣旨をご理解いただき、周知のほど、よろしくお願いいたします。

【スポーツ指導者派遣】深谷アスリートクラブ事業

 2020年 東京オリンピック開催に向けて、スポーツ・レクリエーション活動の充実を図るため、スポーツに精通した指導者を派遣して、小・中学生がいろいろなスポーツ体験ができる事業を展開します。指導者には、教員を目指す大学生や教員経験者、また資格を有するスポーツ専門家等に依頼します。この事業は、3つの柱を掲げ、事業展開を行います。1つ目の柱は、小・中学生を対象に各種スポーツ教室を開催します。市内には現在、総合型地域スポーツクラブが1団体ありますが、さらに、多種スポーツを体験できる教室を実施します。また、中学3年生は、部活動が6月で終了するため、その後もスポーツのできる環境づくりを進めてまいります。2つ目の柱として、小学校の体育の授業において、スポーツに精通した指導者を派遣し、専門的な指導により、子どもと教師の技術の向上を図ります。対象種目は、陸上競技、水泳、器械体操です。陸上競技では、市内19ある小学校の6年生を対象に毎年10月に親善運動会を開催いたします。その運動会に向けた、放課後の練習時間に、大学陸上部の学生などに実際に小学校に来てもらい、専門的な実技指導を受け、子どもたちと教師の技術の向上を図ります。3つ目の柱ですが、市内の各種スポーツ活動団体に対して、教室などを開催し、事業支援を展開してまいります。

【市民協働の輪】『論語の里』おもてなし事業

 ゴールデンウィークの4月29日から5月6日までの間深谷の偉人 渋沢栄一ゆかりの施設が集まるエリアの『論語の里』に、多くの皆様に来訪していただくことを目的として、案内やおもてなしを深谷駅市民ギャラリーと旧渋沢邸「中の家」で行います。深谷駅市民ギャラリーでは、パネル展示により論語の里の魅力を紹介します。さらに、ボランティアによる解説や「論語の里」施設への行き方(かた)をご案内します。 旧渋沢邸「中の家」南側施設では、休憩スペースを設け、お茶を用意し、ゆっくりとおくつろぎいただけます。また5月2日、3日は地元商工会による お菓子や野菜などの物産や藍染め製品の販売も行います。ここでも、ボランティアによる論語の里のご案内を行います。この期間中は、市内の各文化財施設も公開し、各施設とも説明員がご案内します。また、国指定重要文化財「旧煉瓦製造施設のホフマン輪窯6号窯」も特別公開いたします。この機会に『論語の里』にぜひ、多くのかたがたにお越しいただきたく、ご案内いたします。

【1万4千本のチューリップ花絵】第12回ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ

 深谷の春の風物詩となりました「第12回ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ」を、5月2日の土曜日、3日の祝日の2日間開催します。今年のテーマは、「みんなで咲かそう!笑顔の花」でございます。「深谷市誕生10周年記念事業」として、この『ふかや花フェスタ』も、市民の皆さまとともに10周年を祝い、盛り上げていこうと、このテーマとしました。メイン会場の深谷城址公園では、来場者のかたがたが、花と緑に触れ合える多彩なガーデニング教室や、ハンギングバスケット製作実演など、ガーデニングに関連するデモンストレーションのほか、花や植木のせり市、市内の小学生が植えたゆりを使った『ゆりタワー』などのフォトスポット、軽トラガーデン、花苗や植木などの販売と、盛り沢山です。そして今年の目玉は、「祝!深谷市誕生10周年記念チューリップdeふっかちゃん」と銘打ち、市の花チューリップでの花絵をつくります。その摘み取りは市民ガーデニングボランティアさんや王国ボランティアさんの手で、制作につきましては、深谷市と同じ10歳を向かえる市内の小学4年生約60名が担当し、市民が一体となって、花フェスタを盛り上げていきます。さらに、毎年好評のガーデニングコンテストは、「コンテナガーデン」、「ハンギングバスケット」、「オリジナル箱庭」の各部門を開催します。また、県内の園芸関係の高校と専門学校の「学校モデルガーデン」も新たにコンテストに参加します。次に、花フェスタと同時開催の深谷オープンガーデン花仲間の「オープンガーデンフェスタ」についてご説明いたします。「オープンガーデンフェスタ」では、2日間限定で60軒のお庭を楽しむことができます。見学には、バス・タクシー会社による「花めぐりツアーバス」、「花めぐりタクシー」が運行します。市内宿泊業者による、花フェスタ特別宿泊割引パックも好評です。同時開催として、花園地区では「はなぞの植木市」、深谷駅前通りでは「届け未来へ!ふかやニコニコランド」や「ミステリーツアー」を、パティオでは「パティオ de 花フェスタ」など、オール深谷で、春のひとときを盛り上げてまいります。ゴールデンウィークは、「ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ」で、笑顔の花を咲かせてみては、いかがでしょうか。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。