市長記者会見発表内容概要(平成25年8月)

更新日:2014年3月3日

記者発表資料(PDF:8.2MB)

ふっかちゃんゆるキャラグランプリぷろじぇくと『FYGP』

 市のイメージキャラクター『ふっかちゃん』が、『ゆるキャラグランプリ2013』にエントリーいたします。昨年は、865キャラクター中、第5位という成績を残すことができましたが、今年は『グランプリ第1位』を目指したいと考えております。市民・団体・企業などが、ふっかちゃんを応援することで、地域の活性化や郷土愛の醸成につながり、『市民まつり』として市内全体で楽しみたいと考えております。ふっかちゃんがグランプリの頂点に輝けるよう、市民、団体、企業などが一丸となった応援体制を築くため、「ふっかちゃんゆるキャラグランプリぷろじぇくと『FYGP』」と称し、ふっかちゃんへの投票を促す、さまざまな取り組みを展開してまいります。まず、8月29日(木曜日)には、アリオ深谷センターコートにおいて、『ばんがれ!ふっかちゃん』決起集会を開催し、市民の皆様やファンの目の前で、グランプリにエントリーします。併せてグランプリに対する意気込みを発表し、投票期間前から盛り上げてまいります。また、ふっかちゃんの応援に賛同される市内企業・店舗などには、応援ポスター、チラシ、ノボリ旗を配付し、お祭り感のある雰囲気づくりを行います。そして、全国のふっかちゃんファンには、ツイッター、フェイスブック、ねぎっこブログなどを通じた投票への呼びかけや、ファンクラブの創設などを行います。恒例となりましたJR深谷駅での街頭PRは、本年も定期的に実施する予定ですが、そのほかにも可能な限り、市内および市外のさまざまな場所でPRしてまいりたいと考えておりますので、記者の皆様におかれましては、ぜひ、県内1位でございます『ふっかちゃん』の応援をよろしくお願いいたします。

ふっかちゃん子ども福祉基金促進事業

 この事業では、昨年12月に設置されました『ふっかちゃん子ども福祉基金』のPRを目的にポスターを配布し、広く周知を図るほか、『ふっかちゃん』を使用している事業所に、募金箱を設置することで広く寄付を募るものです。市では、この『ふっかちゃん』の名を冠した『ふっかちゃん子ども福祉基金』を設置いたしまして、本年6月30日までに、個人・団体から3,717万5,893円の寄付をいただいております。今回の事業では、平成25年11月から『ふっかちゃん』を使用している事業所に、ふっかちゃん子ども福祉基金のポスターを配布し、市民の目に留まる所に掲示していただくことにより周知を図ります。また、協力いただける事業所には、募金箱を配布し、レジの横などに設置していただきます。現在、募金箱は、こども青少年課窓口と各公民館窓口に設置しておりますが、この事業により、より気軽に寄付ができるようになります。ふっかちゃん子ども福祉基金は、次代を担う子どもたちの健やかな成長に資するための事業に活用しております。そのためにも、多くのかたに、ふっかちゃん子ども福祉基金を知っていただき、寄付を募りたいと思います。

平成25年度 深谷市総合防災訓練の実施

 今年度は、9月7日(土曜日)に、深谷市総合体育館ビッグタートルで実施いたします。大きな災害を及ぼす地震の発生を想定し、関係機関や市民と合同で、実践的かつ効果的な各種訓練を実施することで、災害対応能力の強化や防災体制の充実、防災意識の高揚を図ってまいります。当日は、18項目の訓練を実施するほか、関係団体による防災フェアも同時に開催いたします。主な訓練内容や防災フェアにつきましては、ご覧の資料のとおりです。

小・中学校特別教室および幼稚園へのエアコン設置

 市では、夏の暑さ対策として、平成24年度に小・中学校の全普通教室へエアコンを設置し、学習環境の向上が図られたところです。しかし、本年7月11日には、特別教室での授業中に、児童が熱中症と見られる症状で病院に搬送されるという事故が発生しました。そこで、さらなる暑さ対策を推進するため、小中学校の特別教室および幼稚園へエアコンを設置します。事業の概要ですが、実施時期は、平成26年の夏の使用開始を目指し、設計業務および設置工事を進めていきます。設置箇所は、小・中学校の特別教室190室、給食場25室、幼稚園11室の合計226室です。予算は、総事業費5億9千9百万円を見込み、平成25・26年度の継続費として、9月補正予算に計上いたします。

風力・太陽光発電啓発事業

 この事業は、本年度からの新規事業です。子どもたちの風力発電や太陽光発電など自然エネルギーに対する興味・関心を高めることを目的としております。お手元の資料のように2つの事業を行います。1つ目は、「風力・太陽光発電システム」を学校の屋上に設置し、理科や環境教育の教材として活用します。本年7月に、深谷小学校と花園中学校の2校をモデル校としてシステムを設置し、8月1日から運転を開始しました。今後、教育的な効果を検証していきます。2つ目は、「風力発電実験キット」を活用した体験的な理科の授業を市内全小・中学校で実施します。風力発電の原理や、風力の大きさと発電量の関係など実験をとおして学ぶことができます。小学校6年生と中学校3年生で、発達段階に合わせた授業を11月から実施します。今後も自然エネルギー啓発のための事業を実施していきます。

公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム

 この事業は、今年度から文部科学省が始めた事業です。地方公共団体が企画提案し、採択となった事業について、地方公共団体が国から委託を受ける、という形で事業を実施するものです。本市では、近年社会問題となっている「ニート」、「ひきこもり」といった、悩みや問題を抱えた若者が多いことを課題としてとらえ、こうした若者を支援していく事業を実施することとしました。このような事業は全国的にも例がないということで、先進的な取り組みとして、国からも評価されております。具体的には、1.相談支援業務 2. 就職・ビジネスマナー、保護者等対象のセミナーなどの開催 3.地域若者サポーターの養成 4.学びの支援「若者の学びなおし&不登校がちな小中学生への補習」の4つのメニューを展開してまいります。これから、この事業を活用し、社会へ羽ばたいていく若者が多く生まれることを期待しております。相談や参加費などは、すべて無料ですので、ご家族やお知り合いのかたでお困りのかたがいらっしゃいましたら、是非お気軽に、おいでいただきたいと思います。

企画展『このひとをしっていますか?』

 この企画展は、深谷市出身など深谷にゆかりのある人たちで、普段取り上げられる機会が少ない歴史上の人物や出来事を改めて紹介するものです。昨年に続き2回目の開催になります。9月29日(日曜日)まで開館し、9月1日(日曜日)には、学芸員による展示解説を行います。会場は、深谷市立図書館3階の郷土資料展示室で、入場無料です。今回は、日本画家 江森天淵・天寿親子をはじめ、6名の歴史上の人物にスポットを当てて、郷土ふかやに対する興味と関心を寄せていただきたいと考えています。深谷の歴史の新しい側面を発見できますので、ぜひご覧いただきたいと思います。

深谷城跡第17次発掘調査現地説明会

 深谷城跡は、関東管領山内上杉氏の一族である深谷上杉氏の居城で、15世紀中頃に築かれたといわれています。7月から行っている発掘調査では、城の北端にあたる場所を調査しており、発掘調査では、障子堀という特殊な構造の堀が確認されました。これまでの調査でも、城の北方では同様の堀が確認され、深谷城の特徴といえます。こうした堀と土塁により、固い防御がなされており、城の壮大さを実感できます。市では、この成果を多くの方々に見ていただく、9月1日(日曜日)に、発掘調査現地説明会を開催することいたしました。深谷が誇る文化財を、広く皆様にご紹介することで、深谷の歴史と文化に対してご理解を深めていただければと思います。

PR用ラッピングトラックの愛称決定!

 はじめに、名称決定の経過についてご説明いたします。まず決定に際し、深谷市PR用ラッピングトラック愛称選考委員会を設置いたしました。次に、応募総数ですが、全国各地から961件の応募をいただきました。これらの応募作品を選考した結果、最優秀賞は、越谷市の小林淳一さんの『ふっカーゴ』に決定いたしました。愛称の選考理由といたしましては、深谷に関連する名前であること、トラックであることがわかる名前であること、子どもでも呼びやすい名前であることが委員の皆様から挙げられたと伺っております。続きまして、ふっカーゴの9月稼働予定でございますが、7日(土曜日)には関越自動車道上り高坂サービスエリアで開催される「AUTUMN DRIVE PARADISE 2013 in 高坂SA」、14日(土曜日)と21日(土曜日)には市内直売所で行われる「深谷夏野菜PRキャラバン2013」に参加予定でございます。なお、今後、ふっカーゴが登場するイベントにつきましては、市ホームページなどで随時お知らせしてまいります。

深谷夏野菜PRキャラバン2013

 本事業につきましては、深谷夏野菜のPRイベントを実施することにより、「深谷ブランド」の認知・向上を図るものです。今回の「深谷夏野菜PRキャラバン2013」では、世界に1台しかないラッピングトラック「ふっカーゴ」と「ふっかちゃん」が、9月14日(土曜日)と9月21日(土曜日)の2日間で、市内直売所の4店舗を巡回しつつ、夏野菜のPRを行います。夏野菜を対象としたPR事業は、本市でも初めて実施します。キャラバンテーマは、「深谷夏野菜の魅力発見!!知る・見る・食べる」であり、直売所ごとに特色のあるPRを行う予定です。具体的な内容について簡単にご紹介いたしますと、まず、「深谷夏野菜青空クッキング&試食会」につきましては、「ふっカーゴ」のステージを利用し、お客様の目の前で、司会者と調理者がトークしながら料理を作っていき、その後試食会を実施するというものであります。なおJA花園農産物直売所では、「JA花園食育ソムリエ」の皆さんが調理を行います。他にも、ステージを利用するイベントとして、「ふっかちゃんとじゃんけん大会」と「その野菜作ったのは私です」が予定されております。「ふっかちゃんとじゃんけん大会」や、勝ち残ったかたがたに、直売所ごとのプレゼントがございます。「道の駅おかべ農産物直売所」では、「ふっかちゃんぬいぐるみと、ふっかちゃんマスコット」のセットを10名様にプレゼントする予定ですので、たくさんのかたのご参加をお待ちしております。「その野菜作ったのは私です」では、農家のかたに、自身で作った野菜の特徴や栽培自慢などの語っていただきます。さらに、今後、深谷をPRするために、全国各地を飛び回る「ふっカーゴ&ふっかちゃんとの写真撮影」や「野菜レシピの配布」「深谷産桑茶の試飲会」を予定しております。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。