建物を取り壊したら

更新日:2019年5月1日

 建物の全部または一部を取り壊したときは、必ず資産税課までご連絡ください。

その建物に課税されていた固定資産税・都市計画税は、翌年度より課税されなくなります。

ただし、固定資産税の「賦課期日」は1月1日のため、平成31年1月2日に取り壊した場合、平成31(令和2)年度は課税されます。

(注意)税額を日割り計算して課税することはできません。

建物の取り壊し日と課税について
取り壊した日 平成30年度 平成31(令和元)年度 令和2年度

平成30年1月2日から

平成31年1月1日まで

課税されます 課税されません 課税されません

平成31年1月2日から

令和2年1月1日まで

課税されます 課税されます 課税されません

 

住宅を取り壊した場合は、土地の税額が上がる可能性があります。

建物が登記されている場合は、熊谷の法務局で滅失登記のお手続きが必要です。

お問い合わせ先

資産税課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6638
ファクス:048-574-6628
メールフォームでのお問い合せはこちら