第10回緑のカーテンコンテスト 優秀作品の発表

更新日:2019年12月2日

緑のカーテンとは?

「緑のカーテン」とは、ゴーヤやアサガオなどのツル性植物を、ネット等にはわせ、カーテンのように窓を覆うものです。
緑のカーテンは、熱のエネルギーのしゃ断効果や、葉からの水分蒸散により、日差しを和らげてくれるだけではなく、 室温の上昇も抑え、エアコン等による電気等のエネルギー消費を減らし、 発生する二酸化炭素(CO2)も減らします。


 

緑のカーテンコンテスト

目的

温室効果ガス削減効果が期待される緑のカーテンを広く市民に普及促進し、地球温暖化対策への意識向上を図ります。

募集期間

令和元年9月27日(金曜日)まで

応募件数

家庭部門  … 31件

団体部門(事業所・公共施設) … 14件

 

厳正なる審査の結果、以下のとおり優秀作品が選出されました。

写真は、ご提出された写真の中から1枚を選んで掲載しています。

コメントは、応募用紙に記載された内容を一部抜粋・再構成しています。

公共施設・学校等を除く団体部門応募作品のうち、環境への取組みについてご記入いただいた作品につきまして、コメントをご紹介させていただきます。

家庭部門 優秀作品の紹介(敬称略)

最優秀賞

お名前:河原田 藤也
植物名:ゴーヤ、カボチャ

河原田様

コメント(抜粋)

Co2削減量604kg、ブナの木20,160本相当分のCo2を削減し、地球温暖化防止に些かなりとも寄与できたと思う。環境教育として児童、保護者を対象に収穫体験を実施し、ゴーヤの一部は地域の高齢者、障がい者等に提供した。

優秀賞

お名前:青木 美枝
植物名:ゴーヤ、アサガオ

青木様

コメント(抜粋)

パティオで頂きました苗と、購入した朝顔の苗を植えました。特別なことはしなくても、見事に根づき、立派なゴーヤの実が沢山とれました。部屋の中から外を見ると、爽やかな緑色の葉を透かして入ってくる陽の光が涼しさを感じさせてくれました。

 

お名前:今井 忠雄
植物名:ゴーヤ

今井様

コメント(抜粋)

2箇所の窓で成長させ、「ハート型」に見えるようにしました。パティオでいただいた苗を今年も育てました。朝のまぶしさを軽減でき、風が通るのでとても快適でした。リビングのエアコンの使用時間も少なくてすみました。

 

お名前:金井 金蔵
植物名:カボチャ

金井様

コメント(抜粋)

3月末から有機農法で土作りの準備を始め、アブラムシ予防は無農薬で環境に優しい牛乳散布を行った。水やりは屋根の雨水をタンクに集め散水に利用した。屋根までカボチャの葉が覆ったのでみどりのカーテン効果が高く、外は猛暑ではあったが、屋内は大変涼しい夏となった。

入賞

お名前:亀田 公江
植物名:ゴーヤ

 

亀田様

コメント(抜粋)

玄関のポーチにゴーヤのアーチを作り、水やりは朝晩しました。苗を植えてから日照不足のため、成育しないのであきらめていましたが、8月に入り気温が上り繁茂して実も収穫することが出来ました。果実はゴーヤチャンプル、佃煮等にしました。

 

お名前:中野 里美
植物名:ゴーヤ

中野様

コメント(抜粋)

苗は昨年のゴーヤの種を使用し、プランターの土は、生ゴミのコンポストで出来た土を使用した。今年は6月、7月の成長期に長雨になり日照不足により生育がいまいちだった。

 

お名前:野口 実
植物名:ゴーヤ

野口様

コメント(抜粋)

猛暑のささやかな対策として、5月にゴーヤの苗2種類を定植。見る見るうちに上に左右に広がり、室内を涼しくしてくれました。楽しんで面倒を見ようと考え、子犬の顔に仕立てて鑑賞。カーテン効果どころか、日光を完全に遮蔽。来夏以降も工夫をこらして頑張ってみたい。

 

お名前:長谷部 靖
植物名:ゴーヤ

 

 

長谷部様

コメント(抜粋)

ポールだけでなくよしずも活用し、水やりは、毎日欠かさず行った。ゴーヤチャンプルは、健康的でおいしい。たくさんのゴーヤを職場の同僚や近所に配って、喜んでもらえた。

 

お名前:木村 澄穂
植物名:アサガオ

木村様

コメント(抜粋)

植穴は大きくして、土の入れ替えや肥料も工夫して生育に努めた結果、予想を上回る勢いで、大変涼しく過ごすことが出来ました。今年は試しと思い小さい規模で実施しました。来年は考えを変えた方法で楽しみたいと思います。

 

お名前:中山 誠一
植物名:ゴーヤ

中山様

コメント(抜粋)

土には米ぬかを混ぜて、朝晩欠かさず水をたっぷりやりました。成ったゴーヤはすべておいしく食べました。

 

お名前:金子 瞳
植物名:ゴーヤ

金子様

コメント(抜粋)

毎年、ゴーヤカーテンを育てているので苗など買わずに自然にこぼれ種から芽が出て、立派に育ちます。肥料は家庭から出る生ゴミを土に埋めて、自然の営みに任せています。子供達は、窓からゴーヤの成長を眺めて、どんどん伸びていく姿に毎朝起きるのが楽しみのようです。

団体部門 優秀作品の紹介

 

最優秀賞

施設名:深谷市役所川本総合支所
植物名:アサガオ

川本総合支所

コメント(抜粋)

梅雨入りの頃にはネット一面に広がり、猛暑を乗り越えて立派な「緑のカーテン」に成長しました。夏の風物詩として市民の皆様に親しまれている「緑のカーテン」を見て、分けてほしいと声をかけられる事が多くなりました。これからも根を絶やさずに毎年続けていきたいと思っています。

 

優秀賞

施設名:ふかや市商工会
植物名:アサガオ

ふかや市商工会様

コメント(抜粋)

毎年自然に発芽する琉球アサガオを緑のカーテンにしています。水をたくさんまかないと伸びないので自動で水まきできるようにしています。今年はよく成長して重く、ネットが切れないように補強しました。5月、6月にはおもしろいようにのびるので楽しみです。今年は初めて屋上までのびました。

~環境への取組み~

商工会の事業ではゴミの分別を徹底し、環境にやさしい街作りに取り組んでいます。

 

施設名:株式会社LIXILサンウエーブ製作所
植物名:アサガオ

LIXIL様

コメント(抜粋)

越冬した苗700本を植えました。軽トラック2台分の腐葉土を入れました。今年は台風が多いせいか、葉の育ちが良くないようです。休みの日には、守衛さんに水やりをお願いしました。

~環境への取組み~

LIXILグループは、人々の暮らしが地球と調和することを願い、住まいづくりのあらゆるプロセスにおいて、持続可能な社会の実現に向けた主体的な取り組みを続けていきます。

 

株式会社LIXILサンウエーブ製作所 環境に配慮した商品(PDF:821.4KB)

入賞

施設名:深谷市南公民館
植物名:アサガオ

南公民館

コメント(抜粋)

南地区はボランティアの皆さんで構成される「みなみガーデニング俱楽部」により、植栽を管理していただいています。活動の一環として大会議室の窓際に緑のカーテンを設置し、手入れをしていただきました。会議室利用者からは直射日光があたらず好評をいただいています。

 

施設名:深谷市環境衛生課(衛生センター)
植物名:アサガオ

衛生センター

コメント(抜粋)

衛生センターから発生した汚泥を原料とした堆肥を使った。密度が高く繁殖し、十分な日よけ効果が発揮できた。

 

施設名:深谷消防課豊里分署
植物名:ゴーヤ、フウセンカズラ

豊里分署

コメント(抜粋)

酵素鶏糞を使用し土壌作りから行いました。フウセンカズラとゴーヤを育てました。支柱やネット張りを工夫し、水やりにも気を配りました。土壌作りから行ったため、植物の育ちが良く日差しを遮断し、涼しく過ごすことができました。収穫したゴーヤは職員が持ち帰り、美味しくいただきました。

 

施設名:深谷西学童
植物名:ゴーヤ

深谷西学童

コメント(抜粋)

南側にあり朝から夕方まで直射日光を浴びています。土の部分も0.5坪もないので乾燥がひどくすぐ水切れをおこすので子供達が当番で夏休み中水くれをしました。副産物のゴーヤも沢山収穫できました。保護者の方に順番に配りました。大変好評でした。

 

団体部門の応募作品

団体部門については、惜しくも入賞に至らなかった団体も、環境に配慮した取組みを行っている団体として、全てご紹介させていただきます。

 

 

団体部門応募作品(PDF:858.4KB)

お問い合わせ先

環境課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-585-5150
ファクス:048-585-0165
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。