高齢者を交通事故から守る「きらめき3H(トリプルエイチ)運動」の推進について

更新日:2019年4月8日

「きらめき3H(トリプルエイチ)運動について

 

 急速に高齢化が進む埼玉県では、交通事故死者に占める65歳以上の高齢者の割合が高く、高齢者の交通事故防止が重点課題となっています。

 

運動重点

 

1 きらめき3H(トリプルエイチ)運動の推進

  3Hとは、  「早めのライト」

        「反射材着用」

        「歩行者保護」の略称。

2 高齢者の対する交通安全教育の推進

3 高齢者に対する思いやりのある運転の促進

4 運転免許証の自主返納しやすい環境整備の促進

 

実施主体

埼玉県交通安全対策協議会

 

きらめき3H運動とは

反射材を付けて交通事故から身を守りましょう

運転免許証の自主返納について

夕暮れ時の交通事故を防ぐには

お問い合わせ先

道路管理課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6651
ファクス:048-574-6671
メールフォームでのお問い合せはこちら