深谷市緊急サポート事業

更新日:2018年6月19日

平成30年7月から深谷市緊急サポート事業を開始します。

深谷市では、これまでファミリーサポートセンター事業により、会員同士による子どもの預かりや送迎の援助活動を支援してきましたが、子育てと仕事の両立しやすい環境を整備することを目的として、平成30年7月から深谷市緊急サポート事業を始めます。

いままでのファミリーサポートセンター事業で対応できなかった、緊急の預かり、病児・病後児の預かり等の対応が可能となります。

緊急サポート事業って何?

急な子どもの預かりや病児・病後児の預かり等を希望する利用会員と、お子さんの預かり等を行うサポート会員の会員同士の間で行う子育ての相互援助活動です。

このサービスを利用するには、会員登録が必要です。

会員登録は7月1日から対応いたします。

何歳の子どもが対象?利用できる時間は?

援助対象児童の年齢は、おおむね12歳(小学6年生)までです。

援助の内容は?

  • 緊急なお子さんのお預かりや送迎
  • 病児・病後児のお預かり
  • 宿泊を伴う援助活動は、原則として行いません

援助を受けたり、協力するためには、会員登録が必要です

会員の条件

【利用会員】市内に居住のかたまたは市内に在勤のかたで、小学6年生までのお子さんをお持ちのかた
【サポート会員】市内に居住の20歳以上で、心身とも健康で積極的に援助活動ができるかたで、事務局が実施する24時間の講習会を受講されたかた

・サポート会員の資格は問いません。

・入会金・会費などはありません。
・会員登録を希望されるかたは事務局(緊急サポートセンター埼玉)へお問い合わせください。サポート会員は講習会の受講が必要となります。

援助時間と報償費

援助時間・報酬(利用料金)一覧表

援助時間 報酬額
(1時間当たり)
午前7時~午後7時(基本時間) 1,000円
午前5時~午前7時、午後7時~午後10時           1,200円
  • 複数のお子さん(兄弟姉妹)を預ける場合、2人目からは半額となります
  • このほか、サポート会員が用意した子どもの飲食物(食事)やオムツ、送迎の場合のガソリン代などの費用は利用者の負担となります

 

保険に加入しています

活動中に生じた事故に備え、「賠償責任・傷害保険」に加入しています

利用申し込み方法

入会申し込みをしたうえで、事務局(緊急サポートセンター埼玉)へご連絡ください。

入会、利用申し込み方法、その他利用上の注意事項については、緊急サポートセンターのホームページをご確認ください。

ファミリーサポートセンターで行う援助活動は、利用会員とサポート会員の双方の合意によって成立するものです。依頼条件によっては、サポート会員が見つからない場合もあることをご理解ください

サポート会員を募集しています

緊急サポート事業の「サポート会員」として、子育ての援助活動を希望されるかたは、事務局(緊急サポートセンター)が開催する24時間(4日間)の講習会参加が必要になります。

講習会参加を希望されるかたは、下記事務局(緊急サポートセンター埼玉)へお申し込みください。

運営事業者(事務局)

事業者      NPO法人 病児保育を作る会 緊急サポートセンター埼玉

事務所      川口市東川口4‐2‐20 プロミネンス2 102

開設時間     午前7時~午後8時

休業日      12月29日~1月3日

問い合わせ    電話:048‐297‐2903

お問い合わせ先

こども青少年課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6646
ファクス:048-551-4480
メールフォームでのお問い合せはこちら