子宮頸がん予防ワクチン

更新日:2020年11月26日

 厚生労働省の勧告に基づき、現在子宮頸がん予防ワクチンの接種については、積極的な勧奨を差し控えている状況にあります。

 ただし、定期接種が中止されたものではなく、保護者が接種を希望する場合には、ワクチンの有効性や安全性、及び起こりうる副反応等について医師から十分に説明を受け、同意書に署名したうえで接種を受けることができます。

 令和2年10月9日に、定期接種の対象者及びその保護者に、子宮頸がん予防ワクチンの接種について検討・判断していただくための情報提供のさらなる充実を図るため、国において、ワクチンの有効性・安全性に関する情報等を掲載したリーフレットを改訂しました。

 定期接種として公費(無料)で接種できる標準的な接種年齢は、中学1年から高校1年生相当までです。

 深谷市においては、対象のかたへ中学1年生の春に予診票等をお送りしています。

 接種を検討する際や、希望する場合においては、以下のリーフレットを必ずお読みください。

【厚生労働省ホームページ】HPVワクチンQ&A

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、子宮の頸部(入り口部分)にできるがんです。すべての年代の女性がかかる可能性がありますが、近年20~30歳代で増加しているのが特徴です。

子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染することで生じることがわかっています。ヒトパピローマウイルス(HPV)は広くまん延しているウイルスであり、女性のほとんどが、一生に一度は感染すると報告されています。感染しても多くの場合は自然に排除されますが、感染が続くとその一部が前がん病変となり、さらにその一部が悪化してがんになります。

 

ワクチンの種類

子宮頸がん予防ワクチンは、「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類があります。

 

子宮頸がん予防ワクチンの種類
  サーバリックス ガーダシル
 接種回数  3回  3回
 方法  筋肉注射  筋肉注射

標準的な

接種スケジュール

初回接種日から数えて、おおむね

1か月後と6か月後に追加接種

初回接種日から数えて、おおむね

2か月後と6か月後に追加接種

 

子宮頸がん予防ワクチン接種説明書 (PDF:306.4KB)

 

定期接種の対象者

標準的な接種年齢は、中学1年から高校1年生相当(16歳の誕生日を迎える年度の終わり)までです。

※中学1年生の女子については、予診票等を同封した個別通知をします。

 

定期接種の実施場所

深谷市個別予防接種実施医療機関で接種

(内部リンクより、一覧を確認できます↓↓)

個別予防接種市内委託医療機関一覧

 

 

 

中学生イラスト

接種費用

無料

 

子宮頸がん予防ワクチン接種のお知らせ(PDF:130.1KB)

厚生労働省では相談窓口を開設しています

【厚生労働省ホームページ】相談窓口(感染症・予防接種相談窓口)

予診票

 深谷市が過去に交付した予診票があるかたは、その予診票をご使用ください。 

予防接種予診票交付願

定期予防接種に保護者以外のかたが同伴する場合

定期予防接種委任状 (PDF:84.5KB)が必要となります。

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。