麻しん(はしか)の発生について

更新日:2020年2月6日

麻しん(はしか)の発生について

2019年は、国内の地域で麻しん(はしか)の流行により、患者数が昨年を上回りました。

麻しんは、麻しんウイルスの感染によって起こります。麻しんは感染力が非常に強く、地域的な流行が拡大する可能性がありますので、麻しんに対する免疫を持たない乳児などは特に注意が必要です。

また海外でも麻しんの大きな流行のみられる地域もあるため、海外渡航歴のあるかたで、高熱、せき、鼻汁、めやに、発疹等の症状があるかたは、まず保健所へ電話でご相談ください。

詳細は埼玉県ホームページ、国立感染症研究所ホームページをご覧ください。↓↓

【埼玉県ホームページ】麻しん風しん流行情報

【厚生労働省ホームページ】麻しんについて

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら