国民年金保険料の免除の手続き

更新日:2017年4月1日

国民年金の保険料を納めることが困難な場合(学生以外のかた)

お持ちいただくもの

  • 年金手帳(免除申請するかた)
  • 印鑑
  • 失業などを理由とするときは、雇用保険受給資格者証・雇用保険被保険者離職票など

届け出先

保険年金課国民年金係または各総合支所市民生活課

注意点

  • 引き続き免除をご希望のかたは、毎年7月になりましたらお早めに申請をお願いします(継続申請承認されたかたを除く)
  • 保険料の納付期限から2年を経過していない未納期間(申請時点から2年1ヵ月前までの期間)について、さかのぼって免除等を申請することができます
  • 納付猶予制度について、50歳未満のかたで、本人、配偶者の前年の所得が一定額以下の場合に、保険料が猶予されます。なお、平成28年6月以前の期間については、30歳未満のかたが適用となります。

国民年金の保険料を納めることが困難な場合(学生のかた)

お持ちいただくもの

  • 年金手帳(免除申請するかた)
  • 印鑑
  • 在学期間のわかる学生証または在学証明書など

届け出先

保険年金課国民年金係または各総合支所市民生活課

注意点

  • 引き続き免除をご希望のかたは、毎年4月になりましたらお早めに申請をお願いします
  • 平成28年度に学生納付特例の承認を受け、平成29年度も在学予定のかたには、日本年金機構(年金事務所)から再申請用紙が送付されますので、引き続き同じ学校の学生であれば必要事項を記入の上、返送してください
  • 保険料の納付期限から2年を経過していない未納期間(申請時点から2年1ヵ月前までの期間)について、さかのぼって免除等を申請することができます
  • 学生のかたの学生納付特例制度は、国内の学校(一部対象外の学校があります)に通っているかたが対象となります

障害者年金1級または2級を受給しているかた

第1号被保険者のかたで障害者年金を受給している場合は、届出をすれば保険料の納付が免除されます。

お持ちいただくもの

  • 年金証書
  • 印鑑

届け出先

保険年金課国民年金係または各総合支所市民生活課

生活扶助を受けているかた

第1号被保険者のかたで生活扶助を受けている場合は、届出をすれば保険料の納付が免除されます。

お持ちいただくもの

  • 年金手帳(生活扶助を受けているかた)
  • 印鑑

届け出先

保険年金課国民年金係または各総合支所市民生活課

お問い合わせ先

保険年金課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6641
ファクス:048-574-6666
メールフォームでのお問い合せはこちら