セルフメディケーションについて

更新日:2022年7月1日

セルフメディケーションとは

 セルフメディケーションとは、世界保健機関(WHO)による定義では、「自分自身の健康に責任をもち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とされています。

セルフメディケーションのメリット

1.健康管理の習慣が身につく

2.医療や薬の知識が身につく

3.医療機関で受診する手間と時間が減少する

4.通院が減ることで、医療費の増加が抑制される

5.セルフメディケーション税制での所得控除が受けられる

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について

セルフメディケーションの取り組みについて

1.自分の体のことを知りましょう

 セルフメディケーションの基本として、まずは自分の体の状態を知ることが大切です。深谷市では、国民健康保険加入者で40歳以上の方を対象に「特定健康診査」を実施しております。また、勤務先で実施する定期健康診断等を活用して、体の状態を知り生活習慣を見直しましょう。

 

2.健康管理に努めましょう

 日頃から、適度な運動と栄養バランスのよい食事、十分な睡眠など規則正しい生活を心がけましょう。また、予防接種やがん検診を受診するなど健康管理に努めましょう。

 

3.軽度な体の不調には、OCT医薬品を活用しましょう。

 OCT医薬品とは、医師の処方箋がなくても、薬局・ドラッグストアなどで購入できる医薬品(市販品)のことです。風邪のひきはじめや軽微なケガの時に、OTC医薬品など上手に活用することもセルフメディケーションの取り組みになります。医薬品について分からない場合は、薬剤師と相談・確認しながら選択しましょう。

お問い合わせ先

保険年金課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6641
ファクス:048-579-6972
メールフォームでのお問い合せはこちら