認定農業者制度について

更新日:2016年7月11日

認定農業者制度の概要

 認定農業者制度とは、農業経営者自らが効率的で安定的な経営基盤を確立するための目標を定め、その目標実現に向けた経営改善を計画的に進めようとする農業経営者に対して市、農業委員会、農業協同組合等、関係機関が連携して支援していこうとする制度です。

認定農業者になるには

 認定農業者になるには、農業経営基盤強化促進法の規定に基づき農業経営改善計画書を作成し、認定を受ける必要があります。

認定までの流れ

1.申請

 (1)「農業経営改善計画認定申請書」

 (2)「認定農業者に関する情報提供に係る同意書」

 (3)「アンケート(更新者用または新規者用のいずれか)」を提出してください。

 内容が難しい等により、ご自身での作成が困難な場合は、市職員が作成の支援を行いますので、ご相談ください。

2.審査

 市、農業委員会、埼玉県大里農林振興センター、ふかや農業協同組合、埼玉岡部農業協同組合、榛沢農業協同組合、花園農業協同組合、埼玉北部農業共済組合で構成される深谷市担い手育成協議会幹事会の意見を聴取し審査を行います。

3.認定および認定書の発行

 審査の結果を受け、市長が認定します。認定された方には、認定書が郵送されます。

申請受付期間

 申請は随時受け付けています。ただし、職員による申請書作成支援を希望される場合は、お電話にてご予約をお願いいたします。

審査月

 毎年度6月、9月、12月、3月を予定しています。審査対象は、審査の前月末までに提出された申請です。

認定

 認定された場合は、審査月の翌月初めまでに認定書が郵送されます。

認定の基準

 農業経営改善計画の認定を受けるための要件は次のとおりです。

1.計画が基本構想に照らし適切なものであること

2.計画が農用地の効率的かつ総合的な利用を図るために適切なものであること

3.目標達成に向けて計画が適切なものであること 

申請書等のダウンロード

01 農業経営改善計画認定申請書(PDF:123.4KB)

01 農業経営改善計画認定申請書(EXCEL:66KB)

02_認定農業者に関する情報提供に係る同意書 (PDF:60.1KB)

02_認定農業者に関する情報提供に係る同意書 (WORD:30KB)

03_記載例(PDF:293.7KB)

04_アンケート(更新者用)(PDF:464.3KB)

04_アンケート(更新者用)(EXCEL:121.5KB)

05_アンケート(新規者用)(PDF:250.4KB)

05_アンケート(新規者用)(EXCEL:62KB)

認定農業者の方へ

 認定期間は、5年間です。認定期間満了日が近づきましたら、市から更新のご案内が届きます。更新を希望する場合は、改めて農業経営改善計画等の提出をお願いいたします。

 また、認定農業者においては、農業経営改善計画に沿って経営改善を着実に進めるため、農業経営指標に基づく自己チェックを毎年行うこととされています。農林水産省にて、自己チェックが簡単にできる「経営改善実践システム」が公開されていますので、ご活用ください。

『農業経営指標』についてはこちら

お問い合わせ先

農業振興課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-577-3298
ファクス:048-585-3510
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。