市長記者会見発表内容概要(令和4年11月)

更新日:2022年11月17日

     

記者会見 令和4年11月(PDF:2.8MB)

【深谷ねぎらいの日】ふっかちゃんが『ねぎ束』配布で“ねぎ”らいます

 深谷市では、11月23日の勤労感謝の日に大切な人へねぎらいの気持ちを込めて『深谷ねぎ』を贈る習慣『深谷ねぎらいの日』の取り組みを行っています。
 今年は、毎年大好評の『ねぎ束』の配布を、深谷テラスパークで実施します。『ねぎらいの日』である11月23日に、午後1時から、ふっかちゃんと深谷市のジュニアリーダーが一緒に深谷テラスパークの来場者に『ねぎ束』を配布し、『ねぎらいの日』をPRします。
 当日は、同じ会場で『深谷モーニングカーニバルin深谷テラス』という、深谷テラスパーク エリアマネジメントの主催によるイベントも開催されておりますので、皆さんのご来場をお待ちしております。
 この『深谷ねぎらいの日』の取り組みは、市の魅力度の向上と『深谷ねぎ』の消費拡大を図るために平成30年からスタートし、今年で5年目となります。令和2年10月には、日本記念日協会で11月23日は『ねぎらいの日』として記念日登録されました。
 『深谷ねぎらいの日』は、市内スーパーや農産物直売所での『深谷ねぎ』をラッピングした『ねぎ束』の販売や、市内飲食店での『深谷ねぎ』を使った料理の提供など、深谷市内の各所で盛り上がりをみせます。
 皆さんも、花束ならぬ『ねぎ束』で、大切な人をねぎらってみてはいかがでしょうか?

【畠山重忠公プロジェクト】『重忠公ゆかりの地 大集合!』を開催

 深谷市出身の武将、畠山重忠公が重要人物として登場した大河ドラマ『鎌倉殿の13人』がいよいよクライマックスを迎えようとしています。
 今年度は、重忠公を市内外に広く情報発信し、深谷市への理解を深める取り組みを『畠山重忠公プロジェクト』と称し、重忠公の顕彰事業に力を入れて取り組んでまいりました。
 その一環として、重忠公にゆかりをもつ自治体が一堂に会するイベント『重忠公ゆかりの地 大集合!』を、12月3日土曜日午前10時から 午後3時に、深谷テラスパークで開催いたします。
 本イベントでは、各自治体の首長などによるPR合戦や、物産展、郷土芸能の披露を実施いたします。併せて、旬の野菜の販売、煮ぼうとう などの飲食の出店もあります。
 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は12月で終了しますが、深谷市では、重忠公でつながった県内外のさまざまなご縁を大切に育て、重忠公の顕彰などを盛り上げてまいります。
皆様のご来場をお待ちしております。

【ポイントバック率が20%!】地域通貨ネギー『第3弾ポイントバックキャンペーン』

 地域通貨ネギーは、市内のお店のみで利用することのできる電子地域通貨のため、利用額を増加させることにより、非接触型でのキャシュレス決済の推進および市内事業者の支援を図ることが可能となります。
 そこで、消費が増える年末年始の時期に合わせ、ネギー利用時のポイントバック率を現在の1%から20%に増加させる『第3弾ポイントバックキャンペーン』を実施します。キャンペーン期間は、12月1日 木曜日 の午前9時から、令和5年1月5日 木曜日までを予定しています。一人あたりのポイントバック上限は、1万negi()です。そのため5万円分の利用までが対象となります。
 なお、このキャンペーンは期間の途中であっても、予算額に達し次第、終了となります。ネギー取扱店については、11月15日時点で794店舗となっており、こちらにつきましても、より多くのお店で利用できるよう、拡大を図ってまいります。
 そして、さらに多くの方にネギーをご利用いただけるよう、ネギーの利用方法がわからない方のサポートや、現金チャージ、カードタイプの発行を行うための窓口を、市役所本庁舎1階および各総合支所に設置しております。
 初めてネギーを利用するかたでも、安心して利用できるサポート体制がありますので、今回のキャンペーンをきっかけに、ぜひ、ネギーをご利用いただき、ネギーの利用促進を進めていきたいと考えております。
 また、サポート窓口では、マイナポイントの申請補助も行っております。マイナポイントをネギーで受け取ることもできますので、マイナポイントを受け取られていない方は、キャンペーンの参加と併せてぜひご検討ください。
 物価高騰により消費の落ち込みが()(
)
される中、本事業によりネギーを多くのかたにお得に利用していただくことで、コロナ禍におけるキャシュレス決済の推進とともに、市内事業者の支援を図ってまいります。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。