渋沢栄一Premium meeting(プレミアムミーティング)2022

更新日:2022年3月28日

渋沢栄一Premium meeting(プレミアムミーティング)2022を開催します

2021年、深谷市郷土の偉人・渋沢栄一が主人公の大河ドラマ「青天を衝け」が放送されました。幕末から明治、大正、昭和へと激動の時代を生き抜く中で、みんなの幸せのため数々の逆境を自ら乗り越え、近代日本経済の礎を築いていく姿が描かれ、多くの感動と共感を与えてくれました。くしくも、新型コロナウイルスやそれに伴う経済危機、自然災害など、先行きが見通せない日本の現在の状況は、栄一の生きた時代に似た状況であり、栄一の考えが改めて見直されています。今こそ、栄一の原点に立ち返り「渋沢栄一スピリット」を胸に様々な変革に挑戦されてきた企業の知恵を学ぶ場を提供し、新たな時代を切り拓く「ひと」を創るため、「渋沢栄一Premium meeting(プレミアムミーティング)2022」を開催します。

【ご案内】本イベント「渋沢栄一Premium meeting(プレミアムミーティング)2022」は、当初「渋沢栄一ひとづくりフォーラム」として令和4年2月15日に開催する予定でしたが、まん延防止等重点措置の発令により延期していました。まん延防止等は全面解除されましたが新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、登壇者や内容構成等を変更し2回に分けて開催します。第1回目が今回のご案内のイベントで、2回目は令和4年11月11日に「(仮称)渋沢栄一ひとづくりフォーラム2022」として開催する予定です。

 

とき・ところ

とき:令和4年4月22日(金曜日)開演/午後1時15分、終演/午後3時00分予定

ところ:埼玉グランドホテル深谷3階(深谷市西島町1-1-13)

定員(予定)

会場参加枠250名(予定)、オンライン参加枠(無制限・zoomウェビナー)

料金

入場・視聴とも無料(ただし、事前申し込みが必要です)

登壇予定者(敬称略・順不同)

・パネルディスカッションのテーマ「逆境の今こそ、変革のチャンス!~ひとづくりで未来を切り拓く~」

 東京商工会議所会頭 三村明夫 (渋沢栄一が初代会頭を務めた東京商工会議所)

 公益財団法人産業雇用安定センター会長 矢野弘典 (渋沢栄一と共にパリ万博へ行った大井六郎左衛門の玄孫)

 水戸徳川家第15代当主 徳川斉正 (渋沢栄一が仕えた徳川慶喜公の玄孫)

 深谷市長 小島進

 

参加申込

会場参加枠又はオンライン参加枠で参加希望の方は『渋沢栄一Premium meeting  2022申込フォーム』よりお申込みください。会場参加枠には定員があります。定員となり次第受付を締め切ります。オンライン参加枠には定員がありません。

『渋沢栄一Premium meeting  2022申込フォーム』(深谷市ホームページから離れます)

参加申込期間

3月24日(木曜日)から令和4年4月18日(月曜日)午後11時59分まで

留意事項

  • 上記は令和4年3月28日時点の内容です。定員や内容を含め、今後の新型コロナウイルス感染症の状況で予告なく変更、中止となる場合がありますのでご了承ください。

主催・共催・後援

(主催)渋沢栄一ひとづくりカレッジ発足準備室(事務局:深谷市役所)

(共催)深谷市、東京海上日動火災保険埼玉支店、チエノワ、埼玉新聞社

(後援)埼玉県、渋沢栄一記念財団、東京商工会議所、深谷商工会議所、ふかや市商工会、埼玉りそな銀行、埼玉縣信用金庫

  渋沢栄一Premium meeting(プレミアムミーティング)2022 チラシ

Premiummeeting2022

渋沢栄一Premiummeeting2022(PDF:863.8KB)

お問い合わせ先

渋沢栄一政策推進課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-577-5061
ファクス:048-574-6665
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。