新型コロナウイルス感染症について

更新日:2020年2月20日

国内発生状況

 令和元年12月以降、中華人民共和国湖北省武漢市を中心として新型コロナウイルスによる肺炎患者の発生が報告されています。また、国内でも新型コロナウイルス感染症の患者が確認されています。

 詳細は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

厚生労働省ホームページ

市民のかたへ

 感染を防ぐためには、風邪やインフルエンザ等の他の感染症の予防対策と同様に、「こまめな手洗い」「咳エチケット」といった、基本的な対応が有効です。

<咳エチケットとは>

 咳やくしゃみなどの症状があるときに、マスクを着用したり、ハンカチなどで口や鼻を抑えることで、周りの人への飛沫感染を予防することです。

 国では、新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について、以下のように示しています。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

  • 手洗いをこまめに行うこと、また咳やくしゃみがでる場合には咳エチケットを守り、感染予防の対策をする。
  • 発熱等の風邪症状がある場合には学校や会社を休み、外出を控える。
  • 発熱等の風邪症状が見られたら、毎日体温を測定して記録しておく。

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安(以下のいずれかに該当するかた)

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続くかた(解熱剤を飲み続けなければならないかたも同様です)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)があるかた

(注意)高齢者、持病のあるかた、妊婦のかたは重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談支援センターにご相談ください。

相談窓口について(埼玉県)

 埼玉県では、新型コロナウイルス感染症に関する帰国者・接触者相談窓口を設置しました。

【埼玉県ホームページ】新型コロナウイルス感染症 帰国者・接触者相談センター

【首相官邸ホームページ】新型コロナウイルス感染症に備えて

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら