市長記者会見発表内容概要(令和元年11月)

更新日:2019年11月18日

記者会見 令和元年11月(PDF:76.7KB)

【幼・保・小・中・高・大の一貫した大人への学び】『ふるさと ふかや・渋沢学』の推進

 人口減少とグローバル化が進行するなか、郷土の偉人・渋沢栄一翁の『立志と忠恕』の精神を育み、持続可能な深谷のまちづくりに貢献できる人材を育成するために、子どもたちの発達段階に応じた総合的な学びである『ふるさと ふかや・渋沢学』を推進していきます。
 『ふるさと ふかや・渋沢学』とは、市内の幼稚園、保育園、小学校、中学校、高校、大学が体系化されたカリキュラムのもと、地域の関係団体や関係機関などと連携し、豊富な教育資源を活用して発達段階に応じた総合的な学習をすることです。
 具体的な取り組みにつきましては、全児童、生徒、学生を対象としたアンケート調査やモデルカリキュラムの作成や、ふるさと学習会の開催などを考えておりますが、詳しくは、明日、11月19日に開催する第1回推進会議で『ふるさと ふかや・渋沢学』の基本的な方針を参加団体の代表者23名と協議してまいります。その後は、実践を重ねながらカリキュラム充実のための協議を重ねてまいります。
 これまでも、各校種間での連携や各校独自のふるさと教育などを行ったことはありますが、さらに学びを充実し、発展させるために、体系化したカリキュラムのもと幅広い校種間で連携を図ってまいります。
 この取り組みを『オール深谷』の体制で推進し、ふるさとを知り、ふるさとに誇りをもち、ふるさとを担う自覚を持った、志の高い人材を育ててまいります。

【とどけわれらが学び!未来をになう深谷っ子!】こども学びスタin深谷

 深谷の子供たちのがんばりを、地域の大人たちみんなが認め、励まし、地域総ぐるみで未来の深谷を担う子供たちを育てていくことを目的として、『こども学びスタin深谷』を12月8日に開催いたします。
 内容といたしましては、幡羅中学校の音楽部によるオープニングセレモニーを皮切りに、大ホールでは『子どもの暗唱を楽しむ会』を行い、小ホールでは『青少年健全育成深谷市民大会』を行います。その他に、展示室では『深谷市児童・生徒コンピュータ作品展』、大ホールホワイエでは「深谷の心を紡ぐ『ふるさと教育』の展示」を行います。
 そして、今年の新たな取り組みとして、大ホールでは『私の「深谷の子 6つの誓い」の発表』と『深谷市内英語弁論大会最優秀賞受賞者の発表』を行い、大ホールホワイエでは『埼玉県科学展入賞者作品の展示』を行います。昨年は、約4,600人と多くのかたに来場していただきました。今年も多くの方にご来場いただき、『子供たちのがんばり』を応援していただきたいと思います。
 この事業を通して、多くの保護者や地域のかたがたに、子供たちが学ぶ姿を見ていただき、地域のご協力とご理解により、地域総ぐるみで、ふるさと深谷を誇りに思い、次代の深谷を担う自覚をもった子供たちを育ててまいります。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。