渋沢栄一翁が2021年NHKの大河ドラマ『青天(せいてん)を衝(つ)け』の主人公に決定しました

更新日:2019年9月9日

 深谷市出身の『渋沢栄一』が、2021年1月放送開始の大河ドラマの主人公に決定しました。
 タイトルは、『青天(せいてん)を衝(つ)け』で、主演を吉沢亮(よしざわりょう)さんが務め、脚本を大森美香(おおもりみか)さんが担当します。近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢栄一を描きます。詳しくは、NHKホームページでご確認ください。

NHK PRホームページ

渋沢栄一

『渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定』を締結している6者が大河ドラマの主人公決定を受けてコメントを発表

 深谷市は『渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定』を、令和元年8月27日から東京商工会議所(三村明夫会頭)、東京都北区(花川與惣太区長)、公益財団法人渋沢栄一記念財団(渋沢雅英理事長)、深谷商工会議所(村岡正巳会頭)及びふかや市商工会(沼尻芳治会長)の6者で締結しています。
 このたび、渋沢栄一翁が2021年大河ドラマの主人公に決定したことを受けて、『渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定』を締結した6者がコメントを発表しました。
 

渋沢栄一翁・2021年大河ドラマ採用決定について

 

2019年9月9日

 

 本日、渋沢栄一翁が2021年のNHK大河ドラマに採用されることが発表されたことを心から歓迎する。
 渋沢翁が初代会頭を務めた東京商工会議所や出身地の埼玉県深谷市、晩年を過ごした東京都北区など私ども6者は、渋沢翁の功績をPRし、それぞれの特徴を生かした魅力ある事業を連携して実施することを目的に、去る8月27日に包括連携協定を締結した。連携項目の一つとして、ドラマ等のメディア誘致についても積極的に取り組むこととしており、NHK大河ドラマでの放映が最大の目標になっていたため、このたびの発表は感慨もひとしおである。
 この大河ドラマの放映を通じて、「日本資本主義の父」とも言われた渋沢翁の「道徳経済合一説」などの思想が広く国民に普及することを期待するとともに、私ども6者も一層連携を強化し啓発事業を展開していくこととしたい。

 

東京商工会議所 会頭 三村 明夫
埼玉県 深谷市長 小島 進
東京都 北区長 花川 與惣太
公益財団法人 渋沢栄一記念財団 理事長 渋沢 雅英
深谷商工会議所 会頭 村岡 正巳
ふかや市商工会 会長 沼尻 芳治
 

 

 

『渋沢栄一翁の顕彰に関する包括連携協定』を締結

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら