市長記者会見発表内容概要(平成31年1月)

更新日:2019年1月29日

記者会見 平成31年1月(PDF:1.4MB)

【深谷市と熊谷市を結ぶ新たな道路ネットワーク】都市計画道路北通り線が開通します

 深谷市では、市街地北東部における東西方向の幹線として位置づけている都市計画道路『北通り線』を整備してまいりました。
 この度、東方地内で平成11年度から事業に着手し、20年をかけて整備してまいりました県道弁財深谷線から熊谷市境までの2,063メートルの区間が開通いたします。開通日は、平成31年2月18日です。
 そして、北通り線の開通に先立ちまして、2月18日午前11時より、県道弁財深谷線との交差点付近におきまして開通式を予定しております。式典終了後には、深谷市イメージキャラクター『ふっかちゃん』が、オープンカーに乗り『通り初め』を行い、終着点である深谷市と熊谷市の市境にある『フォリオ篭原ショッピングセンター』の敷地内において、熊谷市のマスコットキャラクター『ニャオざね』が出迎えます。
 また、『フォリオ篭原ショッピングセンター』の各店舗では、北通り線開通記念のタイムセールやバーゲンセールなどの協賛イベントを実施する予定ですので、ぜひ、式典と併せてお楽しみください。
 今回の開通により、深谷市と熊谷市を結ぶ新たな道路網が形成され、交通の利便性が向上するだけでなく、国道や県道を補完する道路として、市内の混雑緩和につながるものと考えております。

【『全額補助』実施は県内初!】数学の楽しさ発見『中学生数検サポート事業』を開始

 今年度より、深谷市では中学生が『数学検定』を受検する際の検定料を全額補助する『中学生数検サポート事業』を開始いたしました。対象は、市内の公立中学校に通う中学2年生全員で、中学校1年生修了程度の内容である5級以上の受検に対し、検定料を補助いたします。
 今年度の『数学検定』の受検日は2月15日で、生徒が通うそれぞれの中学校10校で実施いたします。今回の受検では、対象となる中学2年生1,288人中、1,254人が受検申し込みを済ませております。
 深谷市では、これまで特に数学を苦手とする生徒に向けた取り組みを多く実施してまいりましたが、本事業では、数学を得意とする生徒がさらに数学力を向上しようとする意欲を持ち、思考力を高めるきっかけになると考えております。
 今後も深谷市では、各学校における継続的な指導の改善に努め、数学の苦手な生徒、得意な生徒の双方が着実に学力を向上させていくことで、夢の可能性を広げ、『夢がかなうふかやの教育』を推進して参ります。

【俳優 永山絢斗さんがランナーの激励に登場!】第13回ふかやシティハーフマラソン

 深谷市仙元山公園および市内競技コースを会場として、今年も『ふかやシティハーフマラソン』を開催いたします。『ふかやシティハーフマラソン』は、ハーフマラソンを始めとして距離や年齢別に6種目のコースを設定しています。その中でも、ハーフマラソンと10キロメートル走は、県北では唯一の日本陸上競技連盟公認コースとなっております。1月4日にすでに申し込み受け付けを終了し、全国各地から6,098人の申し込みがありました。
 なお、本大会の招待選手として、スバル陸上競技部の藤原滋記選手を招待するほか、大学や実業団で活躍する選手、そして、前回大会に引き続き参加となる深谷市消防本部職員による救護ランナーなど92人が加わります。
 そして、今大会の開会式にはNHK大河ドラマ『いだてん』で深谷市出身の野口源三郎を演じる永山絢斗さんが駆けつけ、ランナーの皆さんへエールを送る予定です。あわせて、会場内に『いだてん』のPRをするための動画やポスターを展示するブースを設けます。
 最後になりますが、大会当日は、競技コース周辺道路が一時交通規制となることから、市民の皆さんには、大変ご不便をお掛けいたしますが、地元自治会をはじめとするボランティアの方々のご協力により、安全に大会運営を行ってまいりますので、ご理解とご協力を賜るとともに、ランナーに対する温かいご声援をお願いいたします。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。