市長記者会見発表内容概要(平成30年4月)

更新日:2018年4月24日

記者会見 平成30年4月(PDF:3.7MB)

【夜から昼へ、そして学校復帰】『いきいきナイトスクール』をはじめます

 市では、不登校ゼロを目指した『不登校対策総合プロジェクト』の一環として、平成15年度から、平日の昼間に深谷市適応指導教室『いきいき教室』を開設し、その結果、市内小中学校の不登校児童・生徒の割合は、県の数値を大きく下回るなどこれまでも多くの成果をあげてきました。
 こうした中、不登校児童・生徒の中には、様々な理由で、どうしても昼間、学校に通えない、または、昼間の『いきいき教室』にも通えない子がいます。こうした事情を踏まえ、新たに、深谷市適応指導教室 夜間部、『いきいきナイトスクール』を開設します。
 『いきいきナイトスクール』は、毎週2回、火曜日と木曜日の午後6時から午後8時まで、教育研究所内の一室(いっしつ)で、学習支援や学校生活適応のための指導・支援を行います。
 まずは、夜の『いきいきナイトスクール』に参加し、次に昼の『いきいき教室』、そして、最終的には学校復帰へとつなげてまいります。

【心を込めたおもてなし♪】2018なかんち季節のおもてなし 春

 このイベントは、ゴールデンウイークにあわせて『渋沢栄一翁と論語の里』ボランティアの会が、来場者へおもてなしを行うもので、『論語の里』の知名度と集客率の向上を目指し、旧渋沢邸『中の家』や、尾高惇忠生家で開催します。
 5月3日から6日の4日間、午前10時から午後4時に開催する渋沢栄一翁の生地である「中の家」では、来場者が休憩できるスペースを用意し、お茶の無料サービスのほか、季節の野菜、ハンドメード作品、深谷市イメージキャラクター『ふっかちゃん』グッズ、和菓子や洋菓子などの物品販売を行います。
 また、尾高惇忠生家では4月中旬から五月人形の展示を行っており、5月7日までご覧いただくことができます。
 なお、本事業は、「渋沢栄一翁と論語の里」ボランティアの会と協働で実施しております。ボランティアの皆さんの活躍にもぜひ、ご注目ください。
 そして、4月28日から5月6日の期間中に臨時のシャトルバスを運行します。JR深谷駅北口から渋沢栄一記念館、旧渋沢邸『中の家』、尾高惇忠生家、誠之堂・清風亭を巡回します。発着時刻など詳しくは市ホームページで確認できます。
 さらに、渋沢栄一翁関連施設として、旧煉瓦製造施設では「春の特別公開」を行います。明治40年に完成した日本最大級のホフマン輪窯6号窯などをイベント期間中、毎日公開します。「論語の里」やその周辺には、ほかにも渋沢栄一記念館や誠之堂・清風亭といった見どころが多くあります。
 ゴールデンウイークはぜひ、深谷にお越しいただき、栄一翁をはじめとした郷土の偉人を生み出した空気を感じていただければと思います。

【あなたの心へ深谷の花を届けます】第15回ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ

 今年で15回目となる深谷の春の風物詩『ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ』を、4月28日・29日の2日間開催いたします。
 今回のテーマは、「あなたの心へ深谷の花を届けます。」でございます。今年は会場のメイン入口のひとつである深谷城址公園 西入口周辺を「ふかやフラワーロード」と名付け、深谷産の花で色鮮やかに彩り、深谷の花と生産者をより一層ピーアールします。
 メイン会場の深谷城址公園では、特設ステージにおいて、植物を花束のように組み合わせて寄せ植えをする『ギャザリング』や『モルタルデコ』などの多彩なガーデニングデモンストレーションを行うほか、来場者の皆さんが花と緑に直接触れあえる多彩なガーデニング教室なども行います。
 また、埼玉県養鶏協会と連携し、「バラとたまごと美と健康」をテーマに、市内で食用のバラを生産している『田中彩華』さんと、たまごソムリエの『友加里』さんを迎えてトークショーなども開催します。
 さらに、毎年好評をいただいている深谷市の花『チューリップ』で作った花絵を今年も作成いたします。デザインは深谷小学校の5年生が手掛け、深谷市イメージキャラクター『ふっかちゃん』を取り入れたものとなっております。
 また、材料となる花のつみ取りは市民ガーデニングボランティアや王国ボランティアの皆さん、花絵の作成は深谷小学校の4年生の皆さんと、子どもから大人まで、市民が一体となって、花フェスタを盛り上げていきます。この花絵にもぜひご注目ください。
 そして、今年は、商店街連合会や道の駅おかべ、道の駅はなぞのと協力し、それぞれの場所で協賛イベントを実施するほか、花フェスタ会場が「駅からハイキング」のコースになる予定で、メイン会場の深谷城址公園だけでなく、市内全体で「花のまち深谷」を盛り上げていきます。花フェスタと同時開催される深谷オープンガーデン花仲間主催の「オープンガーデンフェスタ」ですが、今年も花フェスタ期間中の2日間、58軒の彩り豊かな庭を楽しむことができます。見学には、民間バス会社やタクシー会社の協力による「花めぐりツアーバス」、「花めぐりタクシー」が運行します。
 また、市内宿泊業者の協力による、花フェスタ特別宿泊割引パックも毎年好評いただいております。ぜひ、『ふかや花フェスタ&オープンガーデンフェスタ』にお越しいただき、深谷自慢の花に加えて、イベントに携わる大勢のかたの『笑顔の花』も見てみませんか。

【地域ぐるみで手塩にかけて育てた花を展示!】第34回フウリン草・さつき展

 八基地区の季節の風物詩となっているフウリン草・さつき展を、今年は5月25日から27日まで開催します。 
 フウリン草は、栽培が難しく、過保護でも放任でも良い花は咲かないと言われており、子供を手塩にかけて育てるのと非常に良く似ております。このことから、八基地区青少年健全育成会では、青少年健全育成事業として、昭和60年から地域ぐるみの特色ある取り組みとして開催し、今年で34回を数えます。
 昨年は、約3,000人の入場者を数え、市内外からの問い合わせも多く、毎年、好評をいただいております。会場では、丹精込めて栽培した、彩り豊かな花の展示のほか、ふかや市商工会や豊里スポーツ少年団による物産販売を同時開催し、深谷名物「にぼうと」や地場産の花や野菜の販売を通じて、地域のにぎわいをつくり出し、活性化を図ります。
 ぜひご来場いただき、彩り豊かな花々をご覧いただき、あわせて八基地区のにぎわいを体験してください。

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。