歴史のみち景観モデル地区

更新日:2017年9月29日

歴史のみち景観モデル地区の景観まち歩き

 深谷市の中山道周辺は、埼玉県の「歴史のみち景観モデル地区」に指定されています。

 この「歴史のみち景観モデル地区」とは、旧街道や旧宿場町などに埋もれている歴史的景観資源を保全・活用する「歴史のみち広域景観形成プロジェクト」を推進するため、埼玉県が景観まちづくりの啓発活動を支援するものとしてモデル地区に指定したものです。埼玉県内では、深谷市を含め8地区が指定されています。

 平成29年度は、NPO法人深谷にぎわい工房、埼玉県及び深谷市の共催にて、中山道周辺にて歴史を感じるまち歩きを次の日程のとおり開催します。当日は、深谷市産業祭を開催していますので、ご一緒にお楽しみください。

レトロモダンな深谷宿のまち歩き

【日時】平成29年11月4日土曜日9時30分~12時00分

【場所】JR深谷駅改札前集合

【定員】40名(申込順)

深谷シネマ

平成28年度まち歩き(深谷シネマ)

深谷レンガホール

平成28年度まち歩き(深谷レンガホール)

レトロモダンな深谷宿のまち歩きチラシ(PDF:347KB)

申込先及び申込方法の詳細はこちら 【埼玉県田園都市づくり課】

埼玉県景観重要建造物の指定について

藤橋藤三郎商店のレンガ造煙突は、埼玉県の景観重要建造物に指定されています。

景観重要建造物は、地域の個性ある景観づくりの核として景観上重要な建造物を維持、保全、継承するために指定するものです。

藤橋藤三郎商店は江戸時代末期に創業した造り酒屋として、そのレンガ造煙突は大正時代に建造されました。本煙突は景観的価値を保存するために補修工事が行われており、旧宿場町の雰囲気と調和して地域のランドマークとなっていることが評価されました。

【指定番号】埼玉県指定第2号   

【指定年月日】平成25年3月15日

【所在地】埼玉県深谷市仲町4-10 

【所有者】有限会社藤橋藤三郎商店  

景観重要建造物

藤橋藤三郎商店のレンガ造煙突

プレート

埼玉県景観重要建造物プレート

お問い合わせ先

都市計画課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6654
ファクス:048-571-1092
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。