平成30年住生活総合調査にご協力ください

更新日:2018年11月1日

 国土交通省において、平成30年12月1日を基準日として「平成30年住生活総合調査」を行います。

調査の概要

目的

 住生活総合調査は、全国の皆様に、住宅の住み心地や、最近の居住状況の変化、これからの住まいの意向などをお伺いして、今後の国や地方公共団体の住宅政策を進めるうえでの貴重な基礎資料を得ることを目的として、国土交通省が5年に一度行っている調査です。

調査の時期・方法

 平成30年12月1日現在を基準日として実施されます。調査票は11月下旬にポスティングにより配布されます。郵送またはオンラインにより回答することができます。

対象

 総務省が10月に実施した「平成30年住宅・土地統計調査」の対象となった世帯から無作為抽出した世帯を対象とします。

主な調査項目

・現在の住宅と、住宅まわりの環境の評価について

・現在の住まい、以前の住まいについて

・今後の住まい方について

調査機関・お問い合わせ先

 国土交通省が民間の調査会社に業務を委託し実施します。

 平成30年住生活総合調査事務局フリーダイヤル(電話 0120-467-060)

(注意)住生活総合調査を装った不審な訪問者・電話等にご注意ください。不審に思った際には、回答せず、速やかにお問い合わせ先までお知らせください。

調査結果の利用

 調査結果は、国、地方公共団体等が住生活の安定・向上に係る総合的な施策を推進する上での基礎資料として利用されるとともに、広く国民一般の利用に提供されます。

過去の調査結果(e-Stat 政府統計の総合窓口)

関連リンク

平成30年住生活総合調査(国土交通省ホームページ)

お問い合わせ先

建築住宅課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6655
ファクス:048-571-1092
メールフォームでのお問い合せはこちら