熱中症に気をつけましょう!!

更新日:2018年6月27日

熱中症を予防しましょう!!

深谷市消防本部管内では毎年、気温の上昇に伴い熱中症による救急搬送が多くみられます。

これからの季節は気温や湿度が上昇するため、熱中症に注意が必要です。

熱中症を正しく理解し、予防に努めてください。

                                 太陽

                                                                  

熱中症とは?

炎天下や高温多湿の環境下において、体温の調節機能が働かなくなり、体内の水分や塩分(ナトリウム)などの塩分バランスが崩れ、体温上昇、めまい、けいれんや意識の異常などの症状が出ることを言います。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。

                             熱中症にご注意を

熱中症の症状

〈軽度〉

めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない

〈中程度〉         

頭痛、吐き気、体がだるい、体に力が入らない

〈重度〉

意識がない、けいれん、体温が高い、まっすぐに歩けない

熱中症イラスト

熱中症予防のポイント

1.部屋の温度をこまめにチェックしましょう。

2.室温28℃を超えないようにエアコンや扇風機を上手に使いましょう。

3.のどが渇かなくてもこまめに水分補給をしましょう。

4.外出の際は体をしめつけない涼しい服装で、日よけ対策も行いましょう。

5.無理をせずに適度に休憩を取りましょう。

6.日頃から栄養バランスの良い食事と体力づくりを行いましょう。

熱中症予防啓発ポスター(PDF:2.3MB)

熱中症の応急手当

1. 涼しい場所や日陰のある場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせましょう。

2. エアコンをつける、扇風機、うちわなどで風をあて、体を冷やしましょう。

3. 首の周り、脇の下、太もものつけねなど、太い血管の部分を冷やしましょう。

4. 飲めるようであれば、水分を取らせましょう。

熱中症対策リーフレット(PDF:1.5MB)

こんな時はためらわずに救急車を呼びましょう!!

・自分で水分が取れなかったり、脱力感や倦怠感が強く、動けない場合。

・意識がない(おかしい)、全身のけいれんなどの症状があるとき。

  救急車

お問い合わせ先

警防課
〒366-0029
埼玉県深谷市上敷免858
電話:048-571-0914
ファクス:048-571-0959
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。