ユニバーサルデザインとは?

更新日:2014年3月3日

ユニバーサルデザイン家族

 

 ユニバーサルデザインは、障害の有無、年齢、性別、国籍、人種などにかかわらず、すべての人が気持ちよく暮らせるようにあらかじめ都市景観や生活環境を計画する考え方です。ユニバーサルデザインは、製品、施設、都市景観などの目に見えるものから、サービスやシステムなどの目に見えないものまで多岐にわたります。それらが関連し、互いに補完し合うことにより、ユニバーサルデザインの社会が実現します 。

ユニバーサルデザインの提唱者
 ユニバーサルデザインの提唱者はノースカロライナ州立大学(米)のロナルド・メイス氏です。 自身も身体に障害を持つメイス氏は1980年代、それまでのバリアフリーの概念に代わって、「できるだけ多くの人が利用可能であるように製品、建物、空間をデザインすること」をユニバーサルデザインとして定義しました。

 

 

お問い合わせ先

協働推進課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6658
ファクス:048-501-5222
メールフォームでのお問い合せはこちら