まちの中のユニバーサルデザイン

更新日:2014年3月3日

 こんなところ、こんなものがユニバーサルデザイン。
 たとえば、どんなところ・どんなものがユニバーサルデザイン?

 

ユニバーサルトイレ

 いろいろな人の利用が可能なトイレ。
 車いすの人はもちろん、赤ちゃん連れの人なども利用できるユニバーサルトイレ

ユニバーサルトイレ

 

ノンステップバス

 車いすの人やお年寄りも乗り降りがスムーズなバス。
 床を低くしたバスは、車いすの人だけでなく、子どもやお年よりの乗り降りも楽です。

ノンステップバス

 

公衆電話

 車いすの人も使いやすい公衆電話。
 設置の高さの違う公衆電話は、子どもや車いすの人も利用できます。

公衆電話

 

エレベーター

 どんな人も楽に移動できるエレベーター。
 車いすの人はもちろん、足をケガしている人や、ベビーカーを押している人なども楽に移動できます。

エレベーター

 

カウンター

 低いカウンターは、車いすでの利用もできます。
 カウンターを2段にすることで、イスに座っての応対や、車いすのままでの利用も可能となります。

カウンター

 

高さの違う水飲み場

 高さが違うので、いろいろな人が利用できます。
 高さの違う2種類の水飲みを設置することで、車いすの人や子供も利用できます。

高さの違う水飲み場

 

 

 

お問い合わせ先

協働推進課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6658
ファクス:048-501-5222
メールフォームでのお問い合せはこちら