身近な「もの」のユニバーサルデザイン

更新日:2014年3月3日

こんなところ、こんなものがユニバーサルデザイン。
たとえば、どんなところ・どんなものがユニバーサルデザイン?

 

かんビール

 目が不自由でも、他の飲み物と区別できるようになっています
 形が同じでも点字がわかる缶ビール

缶ビール

 

携帯電話

 文字が大きく操作も簡単。また、メール通信は、聴覚障害者の連絡手段として便利です。
 視覚や聴覚に障害がある人も使いやすい工夫

携帯電話

 

シャンプーボトル

 目を閉じたままでも、シャンプーとリンスが区別できるよう工夫されています。
 シャンプーとリンスをギザギザで区別

シャンプーボトル

 

自動販売機

 お金を入れる場所や取り出し口が低く、車いすに座ったままで利用できます。
 車椅子利用者にも使いやすい自動販売機

自動販売機

 

 

 

お問い合わせ先

協働推進課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6658
ファクス:048-501-5222
メールフォームでのお問い合せはこちら