公共ゾーン活用の進め方について

更新日:2015年10月30日

公共ゾーンとは

花園IC拠点整備プロジェクトは、アウトレットモールを誘致する「民間ゾーン」と、その集客力を活用して観光と農業の振興施策を展開する「公共ゾーン」を整備する複合開発事業です。

「公共ゾーン」は民間ゾーンの西側及び南側に整備を予定しており、さまざまな地域からアウトレットモールを訪れるかたへ深谷の魅力を伝える「深谷の情報発信基地」として活用します。

 

 

花園IC拠点配置イメージ図

【花園IC拠点の配置イメージ図】
公共ゾーンは、民間ゾーンの西側・南側に整備する計画です。さまざまな地域からアウトレットモールを訪れるかたへ深谷の魅力を発信し、周辺地域へ回遊するきっかけを生む場所となります。

公共ゾーンの名称について

平成27年6月に開催された深谷市議会において、資料「公共ゾーン活用の進め方について (PDF:26.2MB)」を配付し、公共ゾーン活用の進め方について報告を行いました。

民間ゾーンへのアウトレットモール誘致と同時に整備を進めている公共ゾーンは、民間ゾーンと一体的につながった場であり、各種産業をつなぎ合わせて活性化する場であり、秩父地域と深谷地域のまちとまちをつなぐ重要な場となります。

この「つなぐ」という機能に着目し、家の中と外をつなぐテラスのように皆さまから親しみを持っていただけるよう、公共ゾーンを「深谷テラス」と呼び、整備を行う計画です。

 

深谷テラス整備イメージ

【深谷テラス整備イメージ】

深谷テラスでの事業展開について

深谷テラスでは、農畜産物や特産物などを活かして、深谷の魅力を全国へ広めるためのさまざまな取り組みを行ってまいります。

こうした取り組みをより効果的に進められるよう、深谷テラスの整備・運営は民間事業者のかたがたの力をお借りして進める予定です。

 

深谷テラスの事業者募集について

市は、深谷テラスを整備・運営する事業者の公募にあたり、市内農協、商工団体や市内外の事業者の皆さまとの意見交換を行ったうえで公募条件等を決定しました。

深谷テラス整備・運営事業者公募の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。

深谷テラス事業者の募集について

お問い合わせ先

産業拠点整備室
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11‐1
電話:048-568-5002
ファクス:048-574-6665
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。