旧煉瓦製造施設のガバメントクラウドファンディングを行います。

更新日:2017年3月7日

ガバメントクラウドファンディングを行います。

明治・近代化の「煉瓦」を焼いた、ホフマン輪窯をよみがえらせる!

目標金額300万円です。プロジェクトオーナーは深谷市です。

 

深谷市には「ネギ」だけでなく、「煉瓦」もあるのはご存知でしょうか?
市内には、渋沢栄一翁が関わった日本煉瓦製造株式会社の煉瓦工場がありました。煉瓦工場では、機械による煉瓦の大量生産を初めて行い、東京駅、日本銀行、法務省、迎賓館、碓氷峠鉄道施設など、日本を代表する多くの建造物に使われ、日本の近代化を支えました。当時その煉瓦を焼いたのがホフマン輪窯。日本に4基しか残っていないものの一つです。
建設から100年以上たち、老朽化や東日本大震災の影響などで、保存修理が必要となっており、まずは修理のための調査をする必要があります。保存修理をすることで、皆様にご覧いただける環境を整備し、ホフマン輪窯を現代によみがえらせることができます。

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

御礼として、地元特産品をお送りさせていただきます。

クラウドファンディングバナー

明治・近代化の「煉瓦」を焼いた、ホフマン輪窯をよみがえらせる!(ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディングのページへ)

お問い合わせ先

文化振興課
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-3
電話:048-577-4501
ファクス:048-574-5861
メールフォームでのお問い合せはこちら