デジタル文学館

更新日:2017年4月1日

深谷市内にある芭蕉句碑や文学碑、深谷の郷土の偉人に関する文学作品などをご紹介します。

芭蕉句碑

深谷市内の芭蕉句碑
名称 芭蕉句
田向の句碑 花の影 硯に代る 丸瓦
荒川聖天の句碑 川上と この川下や 月の友
岡新田の句碑 原中や 物にも付かず 鳴く雲雀
石臼稲荷の句碑 春の夜や 籠り人ゆかし 堂の隅
重忠公園の句碑 むかしきけ 秩父殿さえ すもうとり
成塚の句碑 西行も 草履もかかれ 松の露
妙光寺の句碑 草臥て 宿かる比や 藤の花
光厳寺の句碑 御命講や 油のような 酒五升
卜部家の句碑 夏来ても タ々ひとつ葉の一葉哉
春山家の句碑 山路来て 何やらゆかし すみれ花
楡山神社南の句碑 冬籠り またよりそはん 此のはしら
愛宕神社の句碑 冬枯れや 世は一色の風の音
吉祥寺の句碑 頓て死ぬ けしきは見えず蝉の声
摩利支天堂の句碑 寒菊や 粉糠のかかる臼の端
住吉神社の句碑1 よくみれば 薺花さく垣根かな
住吉神社の句碑2 秋の野や 草の中行く 風の音
地蔵堂の句碑 蓬莱に聞かばや 伊勢の初便

 

文学碑

深谷市内の文学碑
名称 句、歌、詩等
茂木秋香句碑(源勝院) くらがりの 花とさぐらむ杜鵑
茂木秋香句碑(矢島) 干藁や 根越し残りの菊の花
鶯の瀬の歌碑 時ならぬ 岸の小笹(おささ)の鶯は 浅瀬たずねて鳴き渡るらん
中村草田男の句碑 四方の名山 姿に出でて 練雲雀
土屋文明文学碑 荒川のあふれながるる道を来て
静かに秋づく擁月荘にすわる
みかんの花咲く丘の碑 みかんの花咲く丘
みかんの花が咲いている 思い出の道 丘の道
はるかに見える青い海 お船が遠くかすんでる
北川千代顕彰の碑 四月になると、畠の麦のほはのび、なの花はちらほらと黄色くさきはじめ、
利根川へ入る新川の土手には、たんぽぽや、れんげさうの花が咲いて、
村はまるで絵のやうにきれいになりました。(「お父さんの村」より)
   

     

文学者・小説等

深谷市にゆかりのある文学者・小説等
  文学者・小説等
深谷市出身の文学者

北川千代

伊井圭

深谷市が舞台等になったもの

井伏鱒二『弘光寺の杉戸』

吉村達也『血洗島の惨劇』

宮部みゆき『理由』

畠山重能、畠山重忠が関わるもの 『平家物語』『源平盛衰記』『吾妻鏡』
岡部六弥太忠澄が関わるもの 『平治物語』『平家物語』
藤田貞資に関係するもの 遠藤寛子『算法少女』
高島秋帆に関係するもの 井伏鱒二『お島の存念書』
渋沢栄一に関係するもの

大佛次郎 『激流 渋沢栄一の若き日』
城山三郎 『雄気堂々』
茶屋二郎『小説渋沢栄一 青淵の竜』
童門冬二 『渋沢栄一 人間の礎』
津本陽 『小説 渋沢栄一』

尾高惇忠・尾高ゆうに関係するもの 植松三十里『繭と絆 富岡製糸場ものがたり』

 

お問い合わせ先

文化振興課
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-3
電話:048-577-4501
ファクス:048-574-5861
メールフォームでのお問い合せはこちら