クビアカツヤカミキリを見つけたら!

更新日:2019年7月30日

市内でクビアカツヤカミキリの被害が確認されています

市内各所でクビアカツヤカミキリの被害が確認されています。繁殖力が非常に強く、幼虫が樹木を食害することで、ひどい場合は木が枯死することもあります。
個人宅のモモ、ウメなどの木でも確認されており、サクラなども含めてバラ科の樹木をお持ちの方は定期的に、フラスが出ていないか確認をお願いします。
6~8月には下の写真のような首の部分の赤色が特徴的な成虫が発生します。見つけたらすぐに捕殺し、拡散防止にご協力をお願いします。
フラス、成虫を見つけた場合は、市環境課までご連絡をお願いします。

クビアカツヤカミキリの成虫

フラス

かりんとう状のフラスと呼ばれる木くずが排出されます。

フラス

排出されたフラスは、木の根元などに大量に溜まります。

フラス

典型的な被害木の状況

フラス

クビアカツヤカミキリについて詳しくは、以下の関連リンクをご覧ください。

関連リンク

外来種のカミキリムシにご注意ください

お問い合わせ先

環境課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-585-5150
ファクス:048-585-0165
メールフォームでのお問い合せはこちら