ヒナが落ちています。どうすればいいですか?(庭に…、公園に…、道路に…など)

更新日:2014年3月3日

巣立ちビナの可能性が高いです。
巣立ったばかりのヒナはほとんど飛べず、2週間から1ヶ月かけて空の飛び方やエサの捕り方などを親鳥から教えてもらいます。
落ちているように見えるヒナは、飛行練習の休憩中か、親鳥がエサを捕ってきてくれるのを待っているところなので心配ありません。
離れた場所から様子を見ていると、親鳥がやって来て安全な場所へ連れて行くことがほとんどです。
巣立ちビナを見て「飛べないようで、かわいそうだ」と思って保護するのは、ヒナを親鳥から引き離すことになってしまいます。
これでは、ヒナは自立するために必要なことを何も学べなくなってしまいます。
巣立ちビナを見たらそっとしておきましょう。
ただし、交通量が多い道路上では事故に遭う可能性も高いので、近くの草むらなどの親鳥が確認できる安全な場所へそっと移動させてください。

お問い合わせ先

環境課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-585-5150
ファクス:048-585-0165
メールフォームでのお問い合せはこちら