市長記者会見発表内容概要(平成21年9月)

更新日:2014年3月3日

新型インフルエンザワクチン接種費用助成について

 「新型インフルエンザワクチンの接種費用助成」について、深谷市では、国から流行期入りが発表された、新型インフルエンザ対策の一環として、市民の健康被害を最小限にとどめるため、新型インフルエンザワクチンの接種費用の一部助成を行います。
  助成の対象者は、国が優先接種対象者として示しています。

  1. インフルエンザ患者の診療に当たる医療従事者
  2. 感染すると重症化のリスクが高いとされる妊婦や基礎疾患を有する者
  3. 1歳から就学前の小児
  4. 1歳未満の小児の両親

 助成額については、接種1回分に係る費用を考えています。
  埼玉県に確認したところ、県内において新型インフルエンザワクチン接種に対する助成を行う市は、現在のところ、深谷市のみとのことです。
  新型インフルエンザワクチンの接種については、現在国において、法的位置づけ、接種費用の負担や健康被害への救済など検討されています。
  市民の安心・安全のため、先駆けた対応をしたところですが、助成方法などの詳細については、国の決定を待ち、すみやかに対処します。

資料

資料1(PDF:7.4KB)

国民健康保険税滞納者への短期被保険者証の交付について

 「新型インフルエンザ」の感染拡大に備え、早期に受診する。
  この、短期の国民健康保険被保険者証は、有効期間が、通常の被保険者証に比べ短いものの、医療機関などでの窓口負担は同じものです。
  この被保険者証の交付対象世帯ですが、国民健康保険被保険者資格証明書を交付する予定の36世帯、49人と、国民健康保険税の滞納世帯で、納税相談の後に、短期国民健康保険被保険者証を交付する予定の208世帯、280人です。
  有効期間は、本年10月1日~平成22年3月31日までの6ヶ月間です。

資料

資料(PDF:7.6KB)

新型インフルエンザ対応備品の備蓄強化について

 新型インフルエンザの感染拡大防止策として、9月1日に、保育園10園、幼稚園12園、老人福祉施設6ヵ所、小学校19校、中学校10校、学童保育室12室、については、消毒液の設置を、いち早く設置しました。
  市役所など、その他の公共施設については、感染拡大の状況により、設置をしていきます。
  なお、新型インフルエンザ拡大に備え、市民の皆様の安心・安全のため、自動手指消毒器、消毒液、マスクなど、新型インフルエンザ対応備品の備蓄強化に取り組みます。
  深谷市では、国が示した方針のもと、新型インフルエンザ対策本部を設置し、まずは、3点の事業を展開します。今後も、迅速な対応を図っていきます。

資料

資料(PDF:7KB)

「出張博物館 in ふかや」について

 「出張博物館in深谷」は、深谷市と「埼玉県立歴史と民俗の博物館」が、県内市町村と初めて共同で行う、交流企画展です。
  この企画展は、県北地域で初公開となる葛飾北斎筆「徐福図」や「太平記絵巻」などの、県指定文化財をはじめ、深谷市に関する資料を展示し、歴史や文化、ゆかりの人物を紹介します。
  期間は、10月2日金曜日から11月8日の日曜日までの間で、深谷市立図書館3階郷土資料展示室において、開催します。
  なお、関連事業として、10月18日日曜日、13時30分から、深谷生涯学習センター・深谷公民館で、「武蔵武士の世界人見氏の一所懸命平家物語・太平記・太平記絵巻」と題して、記念講演会を行います。
  また、会期中の土曜日、日曜日には、「ものづくりin深谷」として、絵巻物づくりなどの体験学習を行う機会を設けているので、多くの方々の参加をお待ちしています。

資料

資料(PDF:10.8KB)

第26回屋内消火栓操法指導会について

 深谷管内の屋内消火栓を有する事業所を対象とした、屋内消火栓操法指導会を、10月8日(木曜日)12時20分から、消防本部屋外訓練場で実施します。
  この指導会は、消火活動に有効な、屋内消火栓の使用方法を熟知するため、3人が1組となり、ホースを伸ばし、標的を倒すまでの競技で、タイムと安全、確実性を競います。
  本年で26回を数え、男女合計27チームの出場を予定しています。

資料

資料(PDF:7.1KB)

工事成績評定の公表について

 公共工事の品質確保を図るため、深谷市では、工事成績評定を実施しています。
  この工事成績評定は、公正、公平かつ的確な評定を図り、もって、請負者および受託者の適正な選定、指導育成と工事などの品質向上に資することを目的として、実施しています。
  また、深谷市地域情報化計画では、将来を見据えた都市経営のための地域情報化の一環として、平成21年度より、工事成績評定結果をホームページにて情報提供をします。
  なお、公表対象工事は、平成20年度工事で、成績評定の伴う請負額300万円以上の工事です。
  公表の時期は、10月1日を予定しており、工事件数203件、請負業者数94社が対象です。

資料

資料(PDF:7.3KB)

緑の王国NEWS

 「第1回森の音楽祭」が、10月18日の日曜日に開催します。現在、15組の申し込みがありました。風の薫りや木の緑の中で、オカリナやコカリナ、ハーモニカなどの独奏や、アンサンブルによる調べなど、緑の王国にピッタリな演奏が、期待できそうです。美しい、秋の旋律に触れてみてはいかがですか。

 「ふかや緑の王国に村を建設します」では、昭和30年代の、日本の農村を再現し、当時の暮らしなどを、幅広い世代で、楽しめる場を「市民の手」で作り上げる試みを開拓ボランティアの協力のもと、新しい村を作るボランティアを募集します。
10月31日の土曜日に、午前10時からと午後2時から、ふかや緑の王国で説明会を開催します。オリジナルな村づくりを一緒にしませんか。

 「秋のオープンガーデン」ですが、 10月18日の日曜日に、深谷オープンガーデン花仲間、25軒が「秋の庭」を、特別公開します。オープンするお庭については、ガーデンシティふかやのホームページをご覧ください。問い合わせは、深谷オープンガーデン花仲間事務局(電話番号:090-9965-8770)まで、お願いします。
  当日、バスなどの運行はありません。周囲の方に、迷惑のかからないよう、お願いします。春とは違い、深みのある「秋の庭」を、透きとおった空の下、ご覧になってはいかがですか。

資料

お問い合わせ先

秘書課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6631
ファクス:048-574-8531
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。