円滑な救急医療を行うために!(救急電話相談等)

更新日:2017年10月2日

 休日・夜間における急病、突然のけがなどに対応する救急医療機関では、医師・看護師が不足していることや、軽症でも安易に救急外来を受診するかたが増加していることで、医療現場は疲弊し、救急業務に支障が出てしまいます。

 気軽に相談できる「かかりつけ医」を持つことや、「救急電話相談(急いで病院に行く必要があるかなどを電話で相談できる)」などを活用することで、救急医療を必要とするかたがスムースに受診することができます。医療機関の適切な利用に、ご理解、ご協力をお願いします。

尊い生命を救うために、救急車の適正な利用にご協力ください

1 かかりつけ医を持ちましょう

イラスト1

 かかりつけ医とは自宅近くで、家庭の日常的な診療や健康管理をしてくれる身近な医師のことで、「ホームドクター」として、きめ細やかな診療を行っています。

  • 症状に合わせた適切な専門医を紹介してくれます。
  • 家族の病状、病歴、健康状態を把握しているので、突然の異変や緊急事態でも適切な処置をしてくれます。ちょっとした体の症状が気になるとき、近所で気軽に相談できる「かかりつけ医」を持つことをお勧めします。

 

 市では、より多くのかたに「かかりつけ医」をもっていただくよう、普及啓発活動の一環として「かかりつけ医って必要なんだ!」チラシを作成しました。

 市イメージキャラクターふっかちゃんと「かかりつけ医」による、かわいいイメージのチラシとなっていますので、ぜひ、ご家庭のプリンタなどで印刷して、お部屋に掲示しましょう!

ふっかちゃん「かかりつけ医」啓発チラシ(PDF:471.6KB)

2 医療機関を受診する前に

埼玉県救急電話相談「♯7119、♯7000、♯8000」

 大人や子供の急な病気やけがに関して、看護師の相談員が医療機関を受診すべきかどうかなどを24時間365日でアドバイスするとともに、医療機関の案内をします。

イラスト2

電話番号

   #7119
   048-824-4199(ダイヤル回線、IP電話、PHSをご利用の場合)

 ※従来と同様に、次の番号からもかけられます。

  ・大人の救急電話相談 ♯7000又は048-824-4199

  ・小児救急電話相談 ♯8000又は048-833-7911

相談時間

  24時間365日

埼玉県ホームページ「埼玉県救急電話相談」

全国版救急受診アプリ(消防庁作成アプリ 愛称「Q助」)

  急な病気やけがをしたとき、該当する症状や症候を画面上で選択していくと、緊急度に応じた必要な対応「いますぐ救急車を呼びましょう」「できるだけ早めに医療機関を受診しましょう」「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」または「引き続き、注意して様子をみてください」が表示されます。

消防庁ホームページ「全国版救急受診アプリQ助」

埼玉県救急医療情報センター

救急車を呼ぶほどではないが、休日や夜間などに診察してくれる医療機関が分からないときに、24時間体制で受診可能な医療機関のご案内をしています。

電話番号 048-824-4199

  • 医療相談のお応えはできません。
  • 歯科、精神科の案内は行っていません。
  • 案内された医療機関を受診される場合は、必ずその医療機関に電話で確認の上、出掛けてください。

「埼玉県広域災害救急医療情報システム」

「埼玉県医療機能情報システム」

場所や診療科目、時間などの条件を入力すると、県内約1万か所の医療機関や薬局を検索することができます。

子どもの救急ミニガイドブック

 埼玉県では、保護者のかたに、子どもの急な病気やけがの対処方法などを示し、症状をしっかり把握して、あわてずに落ち着いて対応していただくことを目的に「子どもの救急ミニガイドブック」を作成しました。下記ホームページより印刷して、ご利用ください。このガイドブックは、生後1か月から6歳くらいまでのお子さんを想定して作成しています。

「こどもの救急ミニガイドブック」

おかあさんのための救急&予防サイト「こどもの救急」

 厚生労働省研究班・社団法人日本小児科学会により監修されているホームページです。夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。対象年齢は生後1か月~6歳までのお子さんです。

「おかあさんのための救急&予防サイト」

お問い合わせ先

保健センター
〒366-0823
埼玉県深谷市本住町17-1
電話:048-575-1101
ファクス:048-574-6668
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。