平成29年度消防活動総合演習の実施について

更新日:2017年11月7日

深谷消防署屋外訓練場で消防活動総合演習を実施しました。

深谷消防署では平成29年11月2日(木曜日)に深谷市内で起こりうる中高層建物火災を想定し、消防活動総合演習を行いました。この訓練は災害現場活動を行う各部隊間の連携強化を図り、総合的な災害対応能力を向上するために上半期実施してきた訓練の集大成として実施しました。

1

梯子を伸ばしているところ

現場指揮本部の様子

指揮隊は現場の情報収集・部隊運用・現場責任者の指揮支援等を主に行っています。

指令センターとの無線交信

指揮隊と無線で延焼状況や逃げ遅れ情報などを通信している指令センター。119番通報の覚知から部隊管理まで様々な役割を担っている部署です。

救助活動中の救助隊

救助用担架を使用し救助活動中の救助隊。救助用ロープを始めとする様々な救助資機材を駆使し、人命救助を行う消防隊です。

小島市長と長原副市長も視察に来庁された。

小島市長・長原副市長をはじめ、近隣消防本部からも多数の方が視察に来庁され、訓練が行われた。

 近年は建築構造が変化し、また、少子高齢化などにより消防を取り巻く環境が大きく変化しており、消火活動を行う上で消防隊の活動要領も高度になってきています。 深谷市消防本部では年間を通して消火活動をはじめ、救助活動・救急活動のほか、大規模災害や多数傷病者・NBCなどの特殊災害を想定した訓練等を行い、深谷市の安心と安全を守っています。

お問い合わせ先

深谷消防署
〒366-0029
埼玉県深谷市上敷免858
電話:048-571-0916
ファクス:048-571-0959
メールフォームでのお問い合せはこちら