住宅用火災警報器の設置状況調査結果について

更新日:2021年7月15日

住宅用火災警報器の設置率が上昇しました。

 深谷市消防本部管内では、条例ですべての住宅に住宅用火災警報器の設置が義務付けられています。5月に行った調査では、設置率が82.8%であり、昨年度から4.6ポイント上昇したものの、いまだに設置していない住宅が約2割あります。

 住宅用火災警報器は、火災が発生してしまった場合、熱や煙を感知し、警報音などでいち早く火災発生を知らせてくれます。

 まだ設置されていない場合は、設置しましょう。

 また、設置義務化から、10年以上が経過しています。住宅用火災警報器本体の交換時期の目安はおおむね10年ですので、定期的に作動点検をしてください。

住宅用火災警報器点検方法1

住宅用火災警報器点検方法2

住宅用火災警報器点検方法(PDF:276.4KB)

設置率推移

住宅用火災警報器設置率推移(PDF:123.7KB)

お問い合わせ先

予防課
〒366-0029
埼玉県深谷市上敷免858
電話:048-571-0913
ファクス:048-571-0959
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。