平成29年度深谷市消防本部更新車両を紹介します!

更新日:2018年3月29日

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車及び水槽付消防ポンプ自動車を更新しました。

 深谷市消防本部では平成29年度、深谷消防署及び岡部分署に災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車及び水槽付消防ポンプ自動車を更新・配備しました。

 災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車とは、緊急消防援助隊として出場する消防自動車で、大規模・特殊な災害に対し人命救助や延焼防止などの災害活動を行う部隊の消防自動車も兼ねています。

 また、水槽付消防ポンプ自動車も災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車同様の装備としており、毎分2,000ℓが放水できるポンプ機能と1,500ℓの水槽さらに圧縮空気泡消火装置を装備し、消火泡による優れた消火能力と複雑多様化する火災に対応ができ、悪路走行に優れた4輪駆動方式を採用しました。

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車を前方から見た写真

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車を前方から見た写真

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車を横から見た写真

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車を横から見た写真

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車を後方から見た写真

災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車を後方から見た写真

消防ポンプ自動車を更新しました。

 深谷市消防本部では平成29年度、花園消防署に消防ポンプ自動車を更新・配備しました。

 この消防ポンプ自動車は、山林や住宅街などの狭隘地でも通行できる機動力に優れた小型トラックベースの消防ポンプ自動車で、毎分2,000ℓが放水ができるポンプ能力を装備し、悪路走行に優れた4輪駆動方式を採用しました。

 

消防ポンプ自動車を前方から見た写真

消防ポンプ自動車を前方から見た写真

消防ポンプ自動車を横から見た写真

消防ポンプ自動車を横から見た写真

消防ポンプ自動車を後方から見た写真

消防ポンプ自動車を後方から見た写真

高規格救急自動車を更新しました。

 深谷市消防本部では平成29年度、藤沢分署に高規格救急自動車を更新・配備しました。

 年々増加する救急出場に対応するため、救急救命士による高度な処置が行えるように救急救命用資機材の充実や傷病者に走行時の衝撃を与えない緩衝装置の付いた防振ベッドを装備するなど、最新の救急資機材と悪路走行に優れた4輪駆動方式を採用しました。

高規格救急自動車を前方から見た写真

高規格救急自動車を前方から見た写真

高規格救急自動車を横から見た写真

高規格救急自動車を横から見た写真

高規格救急自動車を後方から見た写真

高規格救急自動車を後方から見た写真

救急救命用資機材を撮影したもの。

救急救命用資機材を撮影したもの。

お問い合わせ先

警防課
〒366-0029
埼玉県深谷市上敷免858
電話:048-571-0914
ファクス:048-571-0959
メールフォームでのお問い合せはこちら