ホテル・旅館等に対する「表示制度」が開始されました

更新日:2014年7月3日

制度の概要

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を踏まえ、ホテル・旅館等の火災被害防止対策として、表示制度が平成26年4月1日から開始されました。

 この制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から表示マークを交付する制度です。

 

対象

 3階建て以上で収容人員30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象です。

表示マーク

建物の防火安全情報表示制度表示マーク

表示マーク 金

表示マーク(銀)が3年間継続して更新され、かつ、表示基準に適合している場合に交付する。(3年ごとの更新)

表示マーク 銀

表示基準に適合している場合に交付する。(1年ごとの更新)

申請書類等

表示マーク交付(更新)申請書(PDF:96.4KB)

表示制度対象外施設申請書(PDF:95.7KB)

総務省消防庁の説明用ページはこちら

総務省消防庁サイト

建物の防火安全情報表示制度イラスト

お問い合わせ先

予防課
〒366-0029
埼玉県深谷市上敷免858
電話:048-571-0913
ファクス:048-571-0959
メールフォームでのお問い合せはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。