就業人口

更新日:2017年2月17日

平成22年(2010年)の国勢調査によると、深谷市の就業人口割合は、第3次産業が56.4パーセントで最も多く全体の半分以上を占めています。昭和60年(1985年)から平成22年(2010年)にかけての変化の特徴としては、第1次産業は、就業人口割合が年々減少しており、第2次産業についても平成2年(1990年)に1度増加したものの、その後は減少傾向にあります。一方、第3次産業は年々増加してきていることが特徴となっています。

 

産業別就業人口割合の推移

 

産業別就業人口割合の推移(単位:人)
平成22年

就業人口

第1次 産業 第2次 産業 第3次 産業 分類不能の産業 1次(割合) 2次  (割合) 3次  (割合) 分類不能(割合)
深谷市 70,132 6,166 21,391 39,533 3,042 8.8% 30.6% 56.4% 4.3%

 

産業別就業人口割合

資料:国勢調査

注意
就業人口割合は、小数点第2位を四捨五入し小数点第1位までを表示しているため、合計が100パーセントを上下する場合もあります。

 

お問い合わせ先

商工振興課
〒369-0292
埼玉県深谷市岡2381-1
電話:048-577-3409
ファクス:048-585-3510
メールフォームでのお問い合せはこちら