渋沢 栄一 デジタルミュージアム【shibusawa eiichi digital museum】

文字サイズ変更

現在の位置

渋沢栄一記念館収蔵資料が県立歴史と民俗の博物館で展示されます

更新日:2021年9月9日

県立歴史と民俗の博物館で開催される特集展示「渋沢栄一」第2期・第3期において、当館所蔵資料が公開されます。

見どころ

渋沢栄一の従兄で、富岡製糸場の初代場長を務めた、尾高惇忠ゆかりの絵画資料が初公開となります。渡辺崋山や下村観山、川端玉章など著名な画家の作品を含むコレクションです。惇忠直筆の箱書から、そのぞれの作品を入手した経緯や、惇忠の交友の一端を伺い知ることが出来ます。

藍香先生之肖像

尾高藍香先生之肖像(第2期)

嵐山晩秋之図

川端玉章筆「嵐山晩秋之図」(第3期)

概要

会期

 第2期 8月24日(火曜日)~10月24日(日曜日)

 第3期 10月26日(火曜日)~12月19日(日曜日)

 休館日 月曜日(9月20日、11月1日、22日は開館)

会場

 県立歴史と民俗の博物館 常設展示室(第9室)

 

その他、詳細につきましては、県立歴史と民俗の博物館へご確認ください。

関連リンク

県立歴史と民俗の博物館

お問い合わせ先

渋沢栄一記念館
〒366-0002
埼玉県深谷市下手計1204
電話:048-587-1100
ファクス:048-587-1101
メールフォームでのお問い合せはこちら

お知らせ