深谷市

家庭の防災会議

大地震のとき、家族が慌てず行動できるように、次のようなことを確認しておきましょう。また、地震が起きたとして、家の中での行動(身を守ること、慌てないこと、火事を起こさない)や避難の練習もしておくと、いざというときに役立つでしょう。

1.地震が起きたときの各自の役割(昼の場合、夜の場合)
2.消火の備え(ガスもれ、感電の危険はないか、消火器の点検など)
3.家族間の連絡方法(最終的におち合う場所はどこか)
4.避難場所の確認
5.避難経路の安全確認
6.非常持出品のチェック
7.家具転倒防止対策や家庭内の整理整とん
8.お年寄りや乳幼児、病人などの避難方法
9.地震情報の入手方法
10.家の中でどこいちばん安全か、寝室は安全か、倒れてきたり、落ちてきたりするものはないか? 

トップページへ戻る


Copyright(C)Fukaya City
All Rights Reserved.