令和元年11月5日から始まる住民票・マイナンバーカード等への旧氏(旧姓)併記について

更新日:2019年9月26日

 令和元年11月5日から、婚姻等で氏(姓)に変更があった場合でも、本人からの申し出により、従来称してきた氏(姓)を住民票に併記することで、マイナンバーカード・印鑑登録証明書に「旧氏(旧姓)」が併記されます。

  (注釈)
  旧氏(キュウウジ=旧姓)とは、その人の過去の戸籍上の氏(ウジ)のことです。
  氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載されています。

住民票、マイナンバーカード等へ記載できる旧氏(旧姓)

  • 初めて旧氏(旧姓)を併記する場合には、戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選びます。

手続きに必要なもの

1.戸籍謄本等

 希望する旧氏(旧姓)が記載されている戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本から現在の氏(姓)が記載されている戸籍謄本まで、すべての戸籍謄本が必要となります。

2.マイナンバーカード(写真付き)または通知カード

 (注意)通知カードの場合は、本人確認書類として免許証等が必要です。

関連リンク

総務省ホームページ(住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について)

お問い合わせ先

市民課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6640
ファクス:048-574-6666
メールフォームでのお問い合せはこちら