住基カードをお持ちの方の転入・転出手続について

更新日:2014年3月3日

 平成24年7月9日から、住基カードをお持ちの方の転入・転出のお手続の取扱いが一部変更されました。
 主な変更点は「転入届の特例が適用になること」と「住基カードの継続利用ができること」です。

転入届の特例

 住民基本台帳カード(以下「住基カード」)の交付を受けている方が、事前に転出地市区町村へ郵送等で転出届を出しておくことで、転出証明書の交付を受けずに、転入先の市区町村で転入の手続きを行うことができるようになるため、引越しの際の市区町村窓口での手続きが転入時の一回で完了します。(転入時に住基カードを持参し、暗証番号の入力が必要となります。)
 同一の世帯の方が一緒に転出する場合、そのうちの一人が住基カードを持っていればこの特例の対象となります。
 ただし、例外的に特例が適用できない場合がありますので、詳しくは市民課までお問い合わせください。

住基カードの継続利用

 平成24年7月9日から、転出・転入の手続きをした場合でも住基カードを継続して利用することができるようになりました。
 住基カードを継続して利用するためには、転入先の市区町村の窓口で転入届をした後に継続利用の処理をしてもらう必要があります。
 ただし、転入先の市区町村へお住まいになった日(異動日)から14日を経過して転入手続きをした場合、または転出予定日から30日を経過しても最初の転入届を行わない場合、または転入届をしてから90日を経過しても継続利用処理を行わない場合は、住基カードの継続利用はできません。その他、例外的に継続利用処理ができない場合がありますので、詳しくは市民課までお問い合わせください。

お問い合わせ先

市民課
〒366-8501
埼玉県深谷市仲町11-1
電話:048-574-6640
ファクス:048-574-6666
メールフォームでのお問い合せはこちら